実際のオーダー例

これまでのお客さまのオーダーをご紹介させていただきます。
あれこれとイメージを膨らませるご参考になればと思います。

ただいま工事中につき、新しいオーダー例は、こちらをご覧ください。

2013.09.03

フルオーダーメイドのお財布

 

お財布にもバッグにも さまざまな形があります。

しかしじつは、それらにはすべて基本形があり、

工夫した結果、思わぬ形に発展して行くのです。

ですから そのバリエーションは、作った人の数だけ出て来ます。

 

本日のお財布も、しかり。

似た形はいろいろ見ましたが、こういうアプローチは、はじめて!

 

フルオーダーメイドでは、毎回 初めて作るものばかりです。

 

 

 

オーダーメイドのお財布

 

 

 

「やっと、ほんとにオーダーメイドをしてくれるお店を見つけました!

このお財布は 10年以上使っているんですが、

もう、このメーカーでは作ってないんです。

それで仕方なく 他のタイプに変えたんですが、

もう毎日が ストレスで・・・

だから、同じものを作っていただきたいんです。」

 

また、「新しく作るなら なにか飾りを入れたいです。」 とのリクエストで、

ハートマークをお入れしましたが、

ハートマークにも、たくさんの種類がありますから、

形や入れる場所など、細かくご相談を承り、

依頼者のイメージを、なるべく忠実に再現しました。

 

 

オリジナル長財布

 

 

使った素材は、見本よりも少し堅めの、当店タシの革。

作りたては ちょっとぷくぷくしてますが、

半年ほど使っていただけば、しんなり、適度な柔らかさに育って

見本品と同じような、

でも、もう少ししっかりした使い心地になっていきます。

 

フルオーダーをお受けするときに大事なのは、

先にお書きした 「基本形」を見抜くこと、 と

このように、使う素材の特性を 完璧に把握していること、

とのふたつが 大きな要素です。

 

 

 

お財布の内側

 

 

さて このお財布、変わっているところは

カード入れの付き方。

 

最初は、どうしてこんな風になったのかと思いましたが、

使うシミュレーションをしてみて、納得の位置と付け方です。

 

このお財布を考えた人が、

どのようにお金やカードを扱うつもりだったのか、手に取るようにわかります。

 

どんなお品にも、目指す完成形があって、

手に取った製品の目指す意味を見つけることは、

デザイナーにとっては、とても興味深く、おもしろいこと。

 

 

 

お財布のカード入れ部分

 

 

新しくものを作る、ということは、

作る人が、そのアイテムをどのように捉え、

どのように使うことを考えているか、ということです。

 

作る人の数だけ さまざまな答えがあります。

 

しかし、それでもまだ、

自分に合った使い方のものを 見つけることが出来ない人は、

驚くほどたくさんいます。

 

 

 

お財布の内側ポケット

 

 

量産品は、あくまで ひとつの見本。

自分の使い方がそれに合ったら、とてもラッキーです。

しかし、もし合わないなら・・・我慢することはありません!

 

フルオーダーをお考えいただくと、膨大な時間の節約になります。

また、長く使うことで、新品の時よりもかっこよく 持つことができます。

 

なにより、毎日が快適。

 

いま、一番ホットな もの選びの選択肢は、フルオーダーメイドです。

 

 

カテゴリ:お財布,実際のオーダー例

2013.08.31

レディスハンドバッグ 「トラペゾイド」 

 

定番のお品で、人気のある「トラペゾイド」

このたび、復刻いたしました。

 

ご覧いただいておわかりのとおり、

このバッグ、何も飾りを付けていません。もちろん金具も無し。

 

名前の由来は、その名のとおり形にあり、

美しい革の表情をふんだんに見せて、質感を 大切にしています。

 

いい素材だけに可能な、シンプルなデザインです。

 

 

オーダーメイドのハンドバッグ

 

 

クラシックなようでいて、シャープなラインのバッグは、

合わせる服装によってどんどん表情が変わります。

 

このバッグ、人によっては、弔辞の時にもお使いになるとのこと。

確かに、袱紗も入りますし、お返しのお茶の箱なども入ります。

小さそうに見えて、なんとも重宝なバッグ。

 

 

レザーハンドバッグ

 

 

これも昔からの定番ですが、

じつは、何度か形を変えています。

 

当店の定番品はすべて、完成度を高めるために、

デザイナーが使ってから、最終形を決めています。

 

そのうえさらに、時代に合わせた改変も、つねに行っています。

 

ですから、初代をお持ちの方のものとは、

この最終案は、かなり違う感じです。

 

 

内側も牛革のハンドバッグ

 

 

そういう細かい気遣いなくして、ロングセラーはあり得ません。

 

その細かい気遣いは、

日々、お客様と接するやりとりの中から産まれ、

こうして、昔からのものにも、受け継がれて行きます。

 

だからこそ、長く使っていただける定番に成長するのですが、

当店定番の良さは、

お求めになってくださった方々が、

さらに他のお品をお求めくださることで、しっかりと証明されています。

 

新しく考える「マイ・デザイン」もいいですが、

経験を通して産まれた定番も、良くご覧になってみてくださいね。

きっと、あらあら~、と 気になるお品もあると思います。

 

カテゴリ:レディース,実際のオーダー例

2013.08.29

たっぷり入るトートバッグのフルオーダー品

 

「バッグの形に、とくに希望はありません。

とにかく使いやすい形にしていただけませんか?」

 

ひさびさに出た、難しいご依頼。

バッグの形は何でも構わない・・・

多くの選択肢が、頭の中を駆け巡ります。

 

聞き取りをしてみますと、まず、

いまの荷物量を入れられるバッグがなかなかない、とのこと。

 

「いま使っているバッグは、使いやすいから、というよりは

これなら荷物が全部入るから、という理由で使っています。」

 

 

 

フルオーダーのトートバッグ

 

 

 

 

前もってご連絡しておいたので、

とりあえず一番出番の多いバッグをお持ち込みいただいて、

使っている状況をお尋ねし、

ご不満や、こうあったらいいなあ、というご希望をまとめました。

 

その結果、

バッグの中で、荷物がぐちゃぐちゃにならない方がいい、

という、言葉にならなかったご希望も出て、全体の形が決まりました。

 

 

 

フルオーダーのトートバッグ

 

 

 

かなりたくさんの荷物が入るので、無駄なくたくさん入るよう、

ラインのあまり丸くないトートバッグにしました。

 

重い荷物ですから、肩から下げられるよう、持ち手も長くし、

長さは、お客様の使い勝手のいい長さにお作りしました。

 

マチ部分にお付けしたふたつのポケットには、携帯電話が入ります。

 

 

 

トートバッグのカード入れ部分

 

 

片側の外ポケットには、さっと出せるよう、カード入れを取り付けました。

 

ここに、よく使うカードを入れることで、

出し入れもさることながら、

お持ちだった厚いお財布も、多少は薄くすることができるでしょう。

 

もうひとつ、大切な書類を入れるスペースもあり、

留めベルトは、楽にマグネットの取り外しができるような工夫もしています。

 

ペットボトルのホルダーもふたつお付けしましたが、

使わないときには、くしゃっとたためるようにしました。

 

 

 

仕切りポケットがついたトートバッグの内装

 

 

 

ご依頼をお受けますと、デザイナーは、

自分では使うことのないアイデアを、

頭の中の引き出しから、ぽろぽろ、ぽろぽろと出して来ます。

 

たくさんの経験と合理的な考え方を使って、

お客様の、あらゆる種類のご依頼にお応えします。

 

困った時には、オーソドキシーをお訪ねくださいね。

 

当店はそんなお店ですが、

今日は、感覚を使って、新作をお届します。

ウェブショップをご覧くださいね。

 

カテゴリ:トラベル,レディース,実際のオーダー例

2013.08.27

フルオーダーの「スコアシートカバー」

 

大切な人へのプレゼントは、ゴルフの「スコアシートカバー」。

 

おしりのポケットに入れて持ち運び、

立ったままスコアを書き入れるので、

しっかりした書きやすい面を作って、薄く仕上げました。

 

お持ち込みのスコアシートに合わせてお作りしたフルオーダー品です。

 

 

牛革のスコアシートカバー

 

 

「ペンもいっしょに持って歩けるようにしてもらえますか?」

ということで、ペンもお預かり。

こちらも見事に収まっています。

 

 

オーダーメイドのスコアシートカバー

 

 

ところで、このスコアシート、

ゴルフ場に用意のあるものは、

たいてい同じ感じの厚みで、同じようなタイプなのですが、

 

今回お持ち込みいただいたお品は、厚手で書きやすく、

ほんの少し大きめで、すてきな紙を使っています。

お聞きしましたら、名門のゴルフクラブ。

 

こういった所まで気遣いして、

気持ち良く使えるスコアシートを用意するなんて、

すばらしい配慮のゴルフクラブですね。さすがです。

 

その辺を理解してのプレゼントもまた、すてきなサプライズ。

ありがとうございます。

 

カテゴリ:アクセサリー,実際のオーダー例

2013.08.23

「オーダーメイドガイド2」に紹介されました。

 

各ブランドの、オートクチュールショーの写真などを掲載する

「gap press 」というファッション誌の版元雑誌社が、

新しく出版したオーダーメイドの特集本で、紹介されました。

 

 

オーダーメイドガイド2の表紙

 

 

編集企画した方のお話によると、

「これからは、オーダーメイドの時代。

いままでブランドが提案するファッションを着てきた人達が、

新しいファッションを求めています。

 

それに対する当社からの提案は、

ひとりひとりが、自分の個性を出すことのできるオーダーメイド。」

 

 

クロコのショルダーバッグの写真

 

 

「オーソドキシーさんは、革製品ではとても珍しい、

フルオーダーをやってらっしゃいますね。

お財布でもバッグでも、その他何でも作ってらっしゃる。

 

現在パターンオーダーをやっていらっしゃるところも、

いずれはフルオーダー、と思っているところが多いようです。

でも、フルオーダーはとても難しいと、みなさんおっしゃってました。」

 

 

オーソドキシーのオーダーメイドコンサルティング

 

 

スーツや靴、ジュエリーなどは、

それぞれの用途が決まっていて、中身もひとつです。

 

でも 「革製品」というのは、そういう個々のアイテムが、

たくさん寄り集まった集合体の、くくりの言葉。

 

なぜ、革製品だけが集合で呼ばれるようになったのか、

あらためて考えてみると、

「革製品」の存在の特殊性が、はっきりしてきます。

高価で贅沢な舶来品として、日本には存在しなかった革製品。

 

大量生産の製作方法は、そのあこがれの革製品を、

すべての人が持つ事を可能にした、すばらしい方法です。

ワールドワイドのブランドからノーブランドまで、

ほとんどのものづくりが、いま、この方法で行われています。

 

それに比べて、

いま当店がやっている 「革製品のフルオーダー」という仕事は、

前述の 集合体というおおざっぱな呼称から考えますと、

あるひとつのお店が、

スーツ、靴、アクセサリーなど、あらゆるものを、

フルオーダーでお作りします、と言っているようなもの。

 

材料の仕入れ先、作り方、製作に必要な機械、etc.・・

すべてが異なるアイテムを、

たったひとりのお客様のために、すべての製作準備をして、

たったひとつだけお作りする、という高潔で困難な仕事です。

 

たしかにこれは、ファッションにおける二極化の結果と言えましょう。

 

いずれにせよ、

自分の欲しいものを、いちばん理想の形で持つ、あるいは使う。

そうしたいと思う方がお選びになるのは、

パターンオーダーではなく、フルオーダー、ということになりましょう。

 

カテゴリ:オーダーストーリー,コーヒーブレイク,実際のオーダー例