<オートクチュールがあなたを自由にする>

「こんなものが、あったら嬉しいのに・・・」

というところから、オーダーは始まります。あれこれ想像し、考えて、デザイナーと相談し、専属クラフツマンの仕上げを待つ・・・。
デザイナーは、あなたの年代やこだわりを真摯に受け止め、あなたのためだけにデザインを起し、使ううえでの細部を煮つめていきます。
クラフツマンは、あなたの専属職人です。型紙づくりから裁断、縫製、仕上げに至るまで、一貫してすべて手作業で製作いたします。

この至福を、ぜひご体験ください。「オーダーすること」は、オーダー品を持つ時だけでなく、相談から完成に至る過程まで、 すべてが楽しく、ほんとうの快適を最短で手に入れることのできる、ただ一つの方法なのです。

オーダーのきっかけはさまざま。
  • ・ とにかく機能を追及したい人
  • ・ 既製品のサイズや使い勝手に対して不満のある人
  • ・ 機能だけでなく、ファッション性も追及したい人
  • ・ 誰も持っていないものを持ちたい人

毎日使うものだから満足のゆくものを持ちたいですね。

オーソドキシーのデザイナーは、あなたのために存在します。
あなたについていろいろと伺いながら、どんなシーンでどんな風にお使いになるのかをイメージし、丁寧にコンサルティングいたします。 その場でスケッチ画を描き、TPOによる使い勝手、スタイルを提案いたします。

機能・ファッションともに、ちょっとした違いが印象を大きく左右します。
ですから、デザイナーには、どんな些細なこともお話ください。 あなたの中の、もしかしたらご自身でも気づいていない新たな発見があるかも知れません。あなたの想像を超えるスタイルが、そこから生まれるのです。

「ファッションを語るのはちょっと」、という方でも心配は要りません。
あなた自身の日常を教えてください。そして、お作りするものをお使いになるシーンで着用するであろう服装でご来店ください。 デザイナーは、どんな小さなものからも滲み出ている「あなた」を見のがさないでしょう。


<オーダーフロー>

ご相談からお引き渡しまで、以下のように5ステップあります。

(1)ご相談 →(2)お見積り →(3)スケッチ画検討
→(4)正式注文 →(5)お引き渡し

(1)ご相談(初回)

まずは、ご要望やイメージをお伝え頂きます。
(ご来店・メール・ファックスなどでお受けします)
※お見積りをお出しするのに30分ほどかかりますので、ご来店の場合は、必ずご予約ください。

(2)お見積り(初回またはそれ以降)

概算のお見積りをお出しします。
※フルオーダーは、商品の性格上外税となります。

(3)スケッチ画を通して、最終案まで煮つめます。

(4)正式注文(初回またはそれ以降)

内容を確認して、正式なお見積りをお知らせします。
お見積り金額の二分の一以上のお内金を入れていただくことで、正式発注としてお受けします。
(遠方の方には、お振り込みをお願いしております。)

(5)お引き渡し(約1ヶ月半~2ヶ月後)

注文内容をご確認いただき、残金と引き換えにお引き渡しいたします。この時、お手入れ方法をレクチャーいたします。

  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

<ご要望の伝えていただき方>

以下の項目をお考えいただくと、ご要望をより早くより具体的にできます。

  1. (1)どなたが
  2. (2)どんなシーンで
  3. (3)入れたいものは?
  4. (4)こだわりたいところは?

プレゼントであれば、その人となりをお話しください。 また、欲しいものに近いものやその写真(切り抜き)
簡単なスケッチなど、お持ちくださるのも伝わりやすいです。


<「革のカバンを持つこと」「オーダーすること」を

オーソドキシーはこう考えます。>

革には、使い込んで、年々「自分のものになって行く」という感覚があります。 そしてそれは、アンティークの家具や宝石等と同じく、革の香りとともに、そのもののたどった歴史やノスタルジーを喚起させてくれます。 それが、「革」という天然素材が、便利なハイテク素材がたくさんあるにもかかわらず、今だに人々に喜ばれている理由なのではないでしょうか。

そういった、自分を喜ばせてくれるもの、自分を美しく見せてくれるもの、を素材として選択し、カバンをオーダーしてくださる人だからこそ、 当店では時間をかけたコンサルティングを行います。コンサルティングに、妥協はありません。 「革で自分に合ったものを作りたい」と本気で思ってくださらないお客様は、お断りしたいとさえ思っています。

もちろん「その人だけのもの」は既製品にはありません。「この世にたったひとつしかない大切な宝石のようなもの」をお作りすることを通じて、 みなさまに幸せを味わっていただけることに、私たちは無上の喜びを感じます。


<オーソドキシーのオートクチュール製品の特徴>

○革を楽しむ・・・当店独自の革素材

「デザインが新鮮で、革の良さがはっきり分ること。」

オートクチュールでは、自社製革の特徴を心得たデザイナーが、お客様のご要望にフィットしたデザインを提案いたします。 お客様との共同作業で、お持ちになる方の個性を引き出すデザインにしていきます。

オリジナルデザインのプレタポルテ商品は、すべて、デザイナー自らが使用したうえで商品化していますので、 使い勝手も一般製品とは一線を画したできばえです。革の特徴を出した美しくエレガントなデザインラインが、 みなさまのご好評をいただいております。

「使っていくと革の手触りや、色、艶も良くなるので、いろいろと揃えたくなってしまいます。」これは当店独自の革が、 きちんとした製法で、そうした目的のために作られたものだからです。
ブランドの革に対する考え方はそれぞれです。「とにかく丈夫にしよう」「雨も気にせず持ってもらおう」「手入れいらずにしよう」etc.
ですが、当店のモットーは「革本来の良さを出して、お客様に経年変化を楽しんでいただく」ことです。 そのために、雨などの水ジミが出来にくい特殊加工を施しながら、 顔料などの革の風合い(毛穴など)をつぶすような人工的な製法は一切使っておりません。

○軽さ・・・当店独自の製法

「見た目よりもずっと軽い。」

これが、当店革製品を初めて手にされたみなさまの第一声です。
交通網の発達した現代社会において、車での移動はかえって時間がかかり、ひとりひとりが自分の手で荷物を持ち歩くことが多くなりますから、 バッグ・カバン類には出来得る限りの軽さが要求されるようになりました。

バッグ・カバン類の丈夫さは、ほぼ重さに比例しますので、何が何でも軽く、ということではなく、コンサルティングを通じて、 お客様の年齢や体力・また、お持ちになる中身やご要望にあわせた作り方をしています。 そうした努力によって、外観だけでなく世界中でたったひとつの、あなたに適したバッグが生まれるのです。

○キャパシティ・・・デザインの魔力

「見た目の大きさよりも、ずっと物が沢山入る。」

こちらもみなさんにお喜びいただいているポイントです。荷物がちゃんと入るのであれば、 もちろん小さめな方が持ち運びは便利です。オーソドキシーのバッグは、コンパクトに見えてたっぷり入ります。

このページのトップへ