ORTHODOXEE

フルオーダーメイド


イージーオーダー


インフォメーション


サイト内検索

オートクチュールのお申込みはこちら


ヒストリー


オーソドキシーは、1981年、東京で生まれた革製品のオートクチュールブランドです。 高品質の牛革を独自に作りあげることから始め、綿密なコンサルティングを通じ、カバンからサイフ、 カバーなどの小物まで、あらゆる革製品を、個人のお客様のために、完全なフルオーダーでお作りしております。

当店は、いわゆる、一般の「フルオーダー」に当たる「オートクチュール」を柱に、既製品「プレタポルテ」 (一般ではイージーオーダーと呼ぶ)を配しております。オートクチュールにおけるデザイン提案はもちろんのこと、 この「プレタポルテ」の独自のデザインにおきましても、東京は銀座に集まる各国のお客様から好評を博しております。


オーソドキシーの歩み

1981年
下北沢店開店
1990年
下北沢にアトリエをかまえる
1992年
代官山店開店
1993年
美術出版社より「やさしい革の袋物」を刊行
1994年
アトリエにて、制作スクール開講
2004年
JIDAデザインミュージアムセレクションVol.6で
「カーヴ」が今年の商品として選定
  〃
ドラマ「黒革の手帖」の主人公「元子」のための
手帳をデザイン・制作
2008年
洞爺湖サミットで使われたゲストブックをデザイン・制作
2010年
日本ヴォーグ社より、「家ミシンで作る革の小物とBag」を発刊。
2014年
ドラマ「死神くん」の手帳カバーを製作
イメージ画像

製品の特徴

独自の牛革素材
栃木レザー(株)と共同開発した牛革素材は当店だけの品質です。 「雨ジミのできにくいタンニン鞣し」で、使うほどに良くなってゆくエイジングの美しい革。
革にとって「適した製法」は、人や環境に「優しい製法」です。
高いデザイン性
商品そのものの美しさやエレガントさは言うまでもなく、持つ人を引き立たせる魅力を持ったデザインに仕上げています。
驚くほどの軽さ
見た目に比べて、びっくりするほど軽いのは、通常の何倍も手間をかけて作られているからです。
複合技術の粋
ひとりひとりが巾広いジャンルの高等技術を持つ職人ゆえに、オートクチュールへの対応が可能になります。
クロスオーバーなデザインの体現を、幅広い技術力が可能にします。
コンサルティング
オートクチュールの基礎ともいえるコンサルティング。
構造に関する知識とセンスを併せ持つ当店のコンサルタ ントは、お客様のご要望の引き出し方にも優れています。
「叶えてさしあげたい」この気持ちが要です。
クラフツマン
オーソドキシーは、オートクチュールブランドです。オーダーをしてくださったお客様には、 それぞれ専属の職人をお雇いいただくことになります。当店の職人はそれぞれ、ひとりひとりが巾広い技術を持つスペシャリストたちです。
■こちらで当店スペシャリストたちの仕事ぶりをご紹介します。

このページのトップへ


お願い

革製品と永くお付き合いいただくために

私たちの製品に使われている革は、栃木レザー(株)とともに作りあげた、当店だけの革です。世界中どこを探しても同じものはありません。
革を育ててゆく楽しみを充分に味わっていただけるよう、天然の革の良さを最大限に引きだすために、タンニン100%で鞣し、顔料はほとんど使っておりません。

私たちの製品は、独自の技術により従来製品と比べ、雨ジミはかなりでにくくなっておりますが、状況によっては雨ジミになってしまう事もございますので 最初のうちは雨の日の外出にはお使いいただかないことをお薦めします。雨の水分は革の栄養分を奪い、急激な劣化を進行させますので、なるべく濡らさないことをお心がけください。
また、オイル補給をすることによって、より美しく長持ちします。

  • 濃い色の革は、汗や水に濡れたりすると、色落ちする場合があります。
  • キズのついた革は、オイルを塗っていただくことによってキズが癒え、使い込んだ良い感じになります。定期的なオイル塗りをお薦めします。
  • イメージ画像
  • 8年間毎日使用したもの

日常のお手入れ方法

日常のお手入れとしては、手でなでたり、おでこやほっぺの油をつけることを励行してください。さらに、2~3ヶ 月に一回、コロニル社プレミアムローション(2,100円)でお手入れいただければ革にとってのいい状態を保つことができます。 ローションは、あずき粒位を布にとって伸ばしてから本体につけたあと、しっかりと空ぶきすることが大切なポイントです。コバ(革の端)もみがいていただくことをお薦めします。

■さらに詳しい革のお手入れについてはこちらのページまで。


メンテナンスサービス

よく、「革は一生もの」と言いますが、実際にはどんな革製品でも、毎日お使いになって、何もせずそのままで一生持つものはありません。 革のバッグは本体の重さに比例して長持ちします。日本の社会ではご自身で荷物を持つことが一般的ですから、当店の商品づくりでは、ご自身で持てる軽さを優先しています。 しかし同時に、人生の中での変化(ライフステージ)を考慮し、メンテナンスをしながら、10年くらいお持ちいただくことを想定しております。 以下のようなメンテナンスサービスをご用意しておりますので、長期間ご愛用いただくためにご利用下さると幸いです。

カバン・バッグのメンテナンスサービス

  • リフレシュクリーニング&オイルリカバー(10,000円~)
  • 持ち手、金具等、各パーツのとりかえ (5,000円~)
  • コンプリートメンテナンス(20,000円~)

※詳しくはお問い合わせください



このページのトップへ