肌寒さを少し感じるようになると、こっくりとした深いこげ茶や、
くっきりシャープな黒が、とても新鮮に映ります。

オーソドキシー2006年秋冬コレクションは、
そんな革の季節の到来に合わせて、
ショルダーバッグと、お揃いのお財布をご紹介いたします。

少ない点数ですが、たくさんの新しいデザイン候補の中から
選び抜いた完成度の高いコレクションとなりました。
みなさまに楽しんでいただければ幸いです。

 

 

 
 

コラム



以前はウエブ上で発表できませんでしたが、実はオーソドキシーでも、開店以来コンスタントに新作をご提案してきました。

それを、春・夏用、秋・冬用と、はっきり季節を分けて、
吟味してお出しするようになったのは、’99年が最初です。


 

 

 

コーディ

コーディ(大)

 



技術的な成熟を遂げたからこそ可能な定番商品ラインは、
当初、「まずはベーシックな商品群」という意図のもとに、
デザインされてきました。


 
 

二つ折札入(コーディ)


カテゴリーも、メンズ・レディスのビジネス用・ホリディ用だけでなく、
財布やペンケース・定期入といった小物まで、ひととおりの商品が
出揃うまでには約4年の月日を要しました。


 

小銭入(コーディ)


店名どおりのオーソドックスな定番が出揃ったあとは、
どんなシーンで使うとしても
「そのTPOで許される範囲で遊びのあるデザイン」
を目指しています。


 

キーホルダー/ギャルソンパース 

 
その最初のデザインが、JIDAの選定商品にも選ばれた
紳士用ブリーフケース「ザ・カーヴ」です。

「ザ・カーヴ」において変則的な技術の使い方を考案して以来、 自社製革のみを使用するため、7色という限定された 色使 いだけでどれだけ新鮮さをアピールできるか、 といったことも課題になっています。


 

マチ無し小銭入(コーディ)


その答えのひとつの例が、「デコルテバッグ」や「ストライプポイント」
というデザインなのですが、今回の「コーディ」・「コラム」は技法と
色合わせのバランスのとれた、総合的なデザインの結果であると
自負しております。


 

 

 
A7ノートカバー
超整理手帳カバー2007


こちらも併せてご覧ください。

ノグラボさんのギャラリー

A7ノートカバーのレビュー



また、個性的なバッグから揃いの小物が出てくる、 という、
ありそうで実際にはなかなかあり得ない美の表現は、
きっとお持ちいただく方に何ともいえない喜びや楽しみを
感じとっていただけることでしょう。