2011.05.31

メンズクラッチバッグのご紹介です。

 

本日ご紹介するのは、メンズのクラッチバッグ。

 

「ずっと気に入って使っていた二代目のバッグに、ついに寿命が来たようで・・・」

とのことで、見本バッグをお預かりして、お作りしました。

 

 

いままでのバッグはとても気に入っていて、どこも変更する必要がない、とのこと。

 

そこで、バッグの寿命を延ばすために、ファスナーを変えるご提案をしました。

見本はナイロンファスナーでしたが、金属のファスナーの方が丈夫です。

 

ナイロンファスナーの特徴は、手当たりが柔らかいことですが、

一番良い金属ファスナーを使えば、

ファスナーのひとつひとつの刃を面取りしてあるので、

手当たりも柔らかく保たれます。

 

 

 

外ポケットに付いたマグネットも、薄いものを選びましたから、

でこぼこせずに、スマートにお持ちいただくことができます。

 

 

 

裏地は、ナイロン地のチャコールブラック。

 

内側の仕様も、いまのままで気に入っている、と伺いましたので、

裏地の厚みで変わってくる内寸を、調整しました。

 

ひとくちに「同じに作る」といっても、材料の厚みや柔らかさによって、

出来上がりは微妙に違ってきます。

 

 

 

どういう意味で、同じものが欲しいのか、

人によって気に入っている部分が違いますから、そこをきっちりと把握するのが、

プロの仕事。

 

お客様はとても気に入ってくださったので、嬉しかったです。ありがとうございました。