2011.06.28

パーティのときにも違和感のない リュック

 

資料を整理しておりましたら、少し前にお作りしたリュックが出てまいりました。

これはもう、お見せしないと、ということで・・・

 

 

 

 

リュックは、

革製品のバッグ類の中で、いちばん難易度の高いアイテムです。 

 

 

 

布やナイロンで作るのであれば、生地も薄く、均一の厚みですから、

それこそ、ただただ作っていればいいのですが、

 

革で作るには、一枚のパーツの中で、革の厚みをいくつにも変えて、

たくさんの重なりをカバーしていきますから、それだけでも技術がいります。

しかも、場所によって違う厚みにすることと、

使うにあたっての強度も考え併せて、答えをださなくてはなりません。

 

 

 

 

お客様は、ご自分の使い勝手がよくなるようにリクエストなさいますから、

たくさんのポケットがあり、お部屋があり、広く開かせたり、と

たくさんの重なりがあります。

それを、現実的に、どうやって可能にしていくか・・・

 

それが、もっとも大変な課題です。 

 

 

 

中に作られたポケットは、ある程度、何を入れる、ということを決めてお作りします。

 

それが、パーソナルな「オートクチュール」である証拠。

大きすぎても、小さすぎても、使い勝手はよくありませんね。

 

 

 

このお客様は、

手で持ち、背中に背負い、パーティのときにも違和感なく持てるもの、

というリクエストでした。

 

今は毎日使ってくださっているとのこと。 ありがとうございます。