2012.05.25

「金運」長財布のこと

 

ここのところ、 長財布のご注文が とても多くなっています。

 

お客様からお話しを伺うと、

長財布と金運についてのいろいろな本がでている、

ということも このブームの元に あるようです。

 

 

 

今日ご紹介するのは、そうしたご注文のひとつ。

 

金運の良くなるお財布の 必須条件は、長財布、と伺います。

お財布とは、お札の帰ってくるおうち、という考え方だそうです。

だから、居心地良くしてあげねば・・・

 

そういう意味でも、お財布は 自分で買わなくてはならないとのこと。

新しくするのは、誕生日の近辺が 良いそうです。

 

 

 

そして、色にも 意味があるようです。

 

今回お作りしたピンクは、

世間を巡ってきた お札にたいする癒し、という効果もあるらしいです。

 

あとは、お札の顔が

お財布を開けたときにぱっと見えるのがいいのだとか・・・

 

 

 

 

「そういうお財布として、

御社定番のジャバラタイプの札入れって ぴったりだな、と思いました。

それで、小銭もカードも入れないようにしていただいて。

このお財布なら、そのままでもお札の顔が見えますから。。。」

 

そういった表面的なことだけでなく、

どうしてお財布を替えるのか、という

根底に流れる気持ちについても、教わることが多かったです。

 

「買ったものに対しては、現金で支払うことで、

そのものの価値や ありがたさを 肌で感じることができます。

だから私は、何を買うにしても ぜったいに現金なんですよ。」

 

それにしても、たとえ金運が関係ないお財布だったとしても、

このパールピンクのお財布は、

とってもすてきに仕上がりました!