2012.05.29

本のしおり アンフォラ

 

同時並行で、なんさつも読む方は、ほんとの本好きです。

 

「アンフォラという名前に惹かれて、見に来ました。」

 

 

 

 

「以前、仕事でシリアにいたことがあり、

そこで、アンフォラ美術館を作っていたことを思い出しました。

本物のアンフォラを見たことがあります。

日本で展示されたことのあるアンフォラが、

日本語のタグをつけたままで、現地にたくさんあったんですよ。」

 

まるでアラビアンナイトのようなお話しを伺いました。

 

 

 

「この革は、丈夫そうですね、薄いですけど・・・」

 

用途に適した革を使う、のは、もっとも大切なこと。

 

************

・・・・もちろん読書中はアンフォラを活用しています。

現在は、ノンフィクションにはグリーン、
小説にはブラウン(チョコかな?)の
アンフォラを使って、鞄の中に2冊の本と共に入っています。
モノだけでなく、情報を頂けたことにとても感謝しております。
また機会あれば、お店に伺います。
今野さん、皆さんとお店の発展をお祈りして。
************
お持ちいただいてから、このようなメールをいただきました。
どうしてリザードの革が、本のしおりに向いているのか、
などもお話ししたので、
「二枚欲しくなってしまいました。」 とのことでした。
ありがとうございました。