2013.04.11

二代目 定期入れ

 

15年ほど前に当店でお作りした定期入れを

今回 新たにご注文いただきました。

「この形がいちばん使いやすくて。

でもそろそろ作り直そうかな、と思って伺いました。」

うれしいですね、ありがとうございます。

 

 

PT1

 

 

左が古い定期入れで、右側はできたてのほやほや。

古い方はぴったりと閉じて、しんなりと薄くなっていますが、

新しい方は、まだぽやぽやしています、笑。

 

この新しいのが、使うことで、あっという間にしんなり薄くなって行きます。

それが、当店の特製牛革のすばらしさ!

小物は、手でなでていただくだけで、やわらかさとツヤが出ます。

 

もともと香りのいい革ですが、そりゃ~いい手ざわりになって、

そうなってくると、もう手放すことはできません。

 

 

PT2

 

 

今回、新しくお作りするのですから、

いままでのものとは少し変えました。

その内容は、もっと使いやすく、また 消耗が少なくなるように と

さまざまな角度から聞き取りをして ご提案をして

お客様にお決めいただきました。

 

これが当店のコンサルティングです。

どんな小さなものに対しても、欠かしたことはありません。

 

今回は ビニールの窓を極力少なくすることで、

定期が取り出しやすくなる一面になりましたし、

ビニールを使わないことで、そのパーツの保ちも 格段に良くなります。

 

 

PT3

 

「じつは、少し前に他店で、この古い定期入れを見せて

同じものをオーダーして作ってもらいました。。

ところが、革が柔か過ぎて 使いにくくて。

結局 一度しか使わなくて、お蔵入りにせざるを得ませんでした。

 

その時は、出来上がりまで半年かかり、

あれ?こんな柔らかい革で注文したっけ?と思ったのですが、

半年前のことなので、覚えてませんでした。。

 

それで、今回は

オリジナルを作ってもらったオーソドキシへ再び、と銀座まで足を運びました。

代官山にお店があったときは 行きやすかったんですけどね。。」

ごめんなさい、そんな経過があったのですね・・・

 

お作りするアイテムに対して、

どんな革がいちばん向いているか は もっとも重要な製作ファクターです。

 

だからこそ、

当店では、自社の特別な牛革を、栃木レザーで作ってもらっています。

 

 

当店の牛革は、魔法の革。

 

 

扱う方法をたくさん知っていて、 きちんと扱うことができれば、

とても小さなものから 大きなバッグまで、

どんなアイテムであっても、

そのアイテムに見合った 最高の加工ができます。

 

 

また、32年のキャリアと試行錯誤は、そうした特殊な技術を生み出しました。

 

 

相談技術(コンサルティング)と製作技術のふたつが揃って、

初めて可能になるフルオーダー。

すばらしい美と快適の世界へと、みなさんを誘います。