2013.10.12

腕時計と懐中時計ケースのオーダーメイド

 

当店で 「オーダーメイド」 という言葉を使う場合、

たいていが、「フルオーダー」 を指しています。

 

「フルオーダー」とは、日本語の言葉ですが、

「あなたの希望どおり お品をお作りしますよ!」 という意味。

 

技術の幅が広い当店は、文字どおり 何でもお作りできます。

今日ご紹介するのは、オーダーメイドの 時計ベルト。

 

 

 

UD1

 

 

 

重厚感のあるフェイスの 腕時計に合わせて、

ベルトの真ん中を 少しふくらめて お作りしました。

 

ベルト穴は、

お引き渡しの時、お客様のサイズに合わせて開けます。

 

 

 

UD2

 

 

 

ベルト金具は、最初に付いているオリジナルのものを使いますから、

時計本体を、しばらくの間、お預かりすることになります。

 

それがちょっと・・・ということであれば、その場での採寸後

スケジュールを決めて、3~4日だけお預かりする方法もあります。

 

時計ベルトからの連想ですが、

下にご紹介するのは、懐中時計のケース。

以前にもご紹介しているとは思いますが、ご覧ください。

 

 

 

KD1

 

 

 

KD2

 

 

 

 

人によって、持ち物は まったく違います。当店のフルオーダーでしたら、

大切な持ち物を、 良い状態で使うための革製品も、

お使いの方が望むような

いろいろな角度から お作りすることができます。