2014.05.22

ブックカバーや手帳カバーのフルオーダーメイド

バッグなど大きなものだけでなく、

小さなものたちも、たくさんのご注文をいただきます。

先日、プレゼント品として

ブックカバーのご相談をお受けしたところ、

最終的に 定番文庫カバーにお決めになったお客様から

お礼のメールをいただきました。

 

パネリングのブックカバー

*お写真のお品は、定番ではありません。

 

************

この度は、素敵なブックカバーを製作頂き、

ありがとうございました。

期日よりも早く仕上げて頂きましたこと、

また、中を見れるように、とのご配慮に感謝いたします。

 

お店では丁寧にご対応くださり、

「シンプルがいい」のアドバイス通り、

とても品良く仕上げて頂き、

 

オーダーメイドのブックカバー

 

大変気に入っております。ありがとうございました。

 

プレゼント相手の喜ぶ顔が目に浮かぶようで、

10年以上大切に使ってもらえそうな気がしています。

貴店にお願いをして、本当に良かったと喜んでいます。

是非今度は、私用のオートクチュールをお願いします(笑)

取り急ぎ、商品の受け取り連絡とお礼まで。

感謝。

************

 

ありがとうございます。

 

牛革の台本カバー

 

ほんとうにカバー類のご希望は十人十色で、

一番上のお写真のカバーは

お持ち込みの変わった革でお仕立したものです。

今日はそんなカバーのお写真をアップしていきます。

 

オーダーメイドの台本カバー

 

こんな風にしおりを付けたり、名刺入れを付けたり、

 

オーストリッチの手帳カバー

 

そうかと思うと、ちょっと贅沢ですが

オーストリッチの革などでお作りしたり・・・

 

でも、こうしたカバーは10年以上使えますから

毎日気持ち良く使えた方がいいですね。

 

オーストリッチの革製品

 

オーストリッチやクロコダイルについては、

「お値段 高いですが、丈夫さはどうですか?」という

お尋ねをいただくことがしばしばあります。

 

とにかくどれも長持ちするので、丈夫ですよ、

とお答えするのですが、その根拠としては、

ヴィンテージバッグを見れば一目瞭然です。

50年代のクロコダイルのバッグなど、

多くのすばらしいものが、いい状態で残っています。

 

カスタム革カバー

 

さて、お話は飛んでしまいましたが、

市場にはこんなにたくさん ものが溢れていても、

「もっとこういう風になって入ればいいのに!」

と思うことがたくさんあると思います。

 

探すことに疲れたり、

探す時間を他のことに回したいと思っていらっしゃったら、

当店のブルーの扉をたたいてくださいね。

すぐに解決いたします。