2007.03.04

2連のシステム手帳

2冊のシステム手帳をいっしょに収納して持ち歩けるケースです。

システム手帳は、用途や使い方によって、表紙の厚さや堅さを変えたりして制作する、微妙さを要求されるアイテムですが、

今回大変だったのは全体のサイズの決め方です。

大きくもなく小さくもなく、またふたつのシステム手帳の中身がどのような位置関係であって欲しいのか、

お客さまのご要望に合わせて気持ちの良い収まりにすること。

これが一番難しいテクニックです。 誰でも作ることができるようなマニュアル化のできないこうした部分が、

オートクチュールの真髄なのです。