2014.01.15

ファスナー式のiPadケース フルオーダーメイド

 

今日のお品は、奥様から旦那様へのプレゼント。

「主人はあまりこだわりのない人なんですが、

こうしたiPadなどの日常使いのものには、

こうしたい、という気持ちが強いようなんです。」

 

日頃 ちゃんと相手を見ていることで、

いざプレゼント、という時に あ、と気づくことがあります。

すてきな関係ですね。

 

iPadケースファスナータイプ

 

 

「ファスナーで開け閉めして、

中のものが出ないようにしてください。

入れるものは iPad と Rhodiaで、

開いたらそのまま iPadを見たり、書いたりできるように。」

というリクエストです。

ファスナー式のiPadケース

 

 

そして、これがちょっと難しいご注文なのですが、

ファスナーの付け方にが種類ほどあるので、それをお尋ねしますと、

「あ、ファスナーは外からすぐに見えない方がいいです!」

とのこと。

 

かなりマニアックな質問だったのですが、

打つとひびく、といった感じで すぐにお返事が返ってきました。

 

オーダーメイドのiPadケース

 

 

ご注文者の持つイメージを、

制作側がきちんと形に表わし、提示するのは

ひじょうに難しいことですが、

 

作る技術を持っているのは当然のことながら、

構造によるイメージの違いを理解し、説明する言葉を持っているひとならば、

間違いなく表現することができます。

 

クライアントに対して、

わかりやすい言葉を適切に選んで説明する、

これは、どんな業界であっても じつは最も重要なこと。

 

技術的な知識を持たないクライアントが

正しい選択を出来るよう

短い時間できっちり説明することを

オーソドキシーでは実行しています。