2014.06.26

リザードでお作りしたジーヴズとキーケースのセットオーダー

最近リザードの革も、入手が難しくなっています。

世界中の食生活が欧米式になることで

どんどん今までの食文化が消えていき、

リザード(とかげ)もクロコダイルも

オーストリッチ(ダチョウ)も、食べる人が激減しています。

そうすると、なかなか加工用の革にするための

原皮の入手が難しくなってくる、という流れになります。

 

当店でも、年に二度ほどお出ししていた

リザードジーヴズ(コンパクト財布)が、ここ一年

二度もお出しできていないのには、そんな理由があります。

 

リザードジーヴズとキーケース

 

さてそんな中で、

前回なんとか入手できた淡いフランスブルーでお作りした

ジーヴズ&キーケースのセットオーダー品をご紹介します。

 

ご注文くださったお客様は

ご自分でお考えになったキーケースを注文にいらしたのですが、

たまたまお見せしたリザードのお色と質感が気に入って

すでにお使いいただいているジーヴズのよそ行き版と一緒に、

お揃いでご注文いただくことになりました。

 

ジーヴズのウラ革

 

フルオーダーの場合、定番であっても

裏地の色、ファスナーの金具の色、糸の色、等

どんな要素でもお選び頂くことが出来ます。

今回ロットのフランスブルーは

薄くて明るい、淡いお色の出来上がりでしたから、

裏地はキャメルでお作りすることになりました。

 

革の染色は、ロットによって濃い薄いが出てきますから、

一期一会の出会いです。

 

リザードのキーケース

 

そしてこちらのキーホルダー

出来上がったあとのご感想を伺ってから、

当店の定番にさせていただきました。

 

といいますのも、これでしたら、今までの定番と比べて

より薄く、コンパクトに鍵を収納できるからです。

 

そしてリザード素材を使うことで、

薄手ですが、保ちも良いことが想像できます。

 

フランスブルーのリザード革

 

ここで、お客様からのご感想を引用します。

************

リザードのジーブスとキーケース、落手いたしました。

どちらもとてもすてきに作っていただいて、

本当にありがとうございました。

ジーブスは以前から使っていましたが、

これでよそ行き用のができました。

 

またキーケースはとても繊細にできあがっていて、

外見からは別の物のようです。

 

早速鍵をセットして使ってみたのですが、お願いしたとおり、

鞄から探し出したその片手で、ワン・アクションで使えました。

こちらの意図を的確にくんでいただき、

このようなすてきな形のものを生み出して下さったことに、

感謝申し上げます。

************

ありがとうございます。

 

オーダーメイドのキーケース

 

また、定番化をお申し入れしましたところ、

快くご承諾くださり

このキーホルダーを思いついた、そもそものきっかけを

お知らせくださいました。

 

************

そもそもこのキーホルダーを考えたきっかけは、

いただいた名刺入れやバーティーの美しい革に、

鍵の押し型がついてしまったことです。

それまではケースの開け閉めが面倒で、

鍵をリングにまとめたままで鞄に入れていました。

従って、鍵がほかのものに触れないこと、

できるだけ取り出しやすいことの2点が、

二つ折りでかぶせるだけの形につながったしだいです。

折り返しの部分の処理や、

スナップで止める方法などを今野さまにご提案いただき、

このような繊細なケースができあがりました。

もしこのケースが銀座オーソドキシーというすばらしいお店の

オリジナルに加わることになれば、これほど嬉しいことはありません

************

心からの感謝を申し上げます。ありがとうございます。