2014.12.30

おにぎりボストンのフルオーダーメイド

「どのバッグがいいかしら、と

ウェブショップをよくよく拝見していたのですが

ついにこれかな、と決まってきましたので

店頭で見せていただこうと思いました。」

 

お客様が気になったのは「おにぎりボストン」

 

おにぎり型のボストンバッグ

 

お仕事柄、A4が入って、

たっぷりと収納できるバッグがご希望だったご様子。

ご来店時には、見本バッグに

お手持ちのバッグの中身を全部入れていただきました。

 

ウェブショップの製品が

すべて店頭にあるわけではないので

見本品がない場合には、

簡単な大きさのダミーをご用意して、お試しいただきます。

 

革のボストンバッグ

 

「うわ~、見た目以上にこのバッグにも物が入りますね。

ですけれど、私としては厚みがもっと欲しいかしら。」

こういったご希望に対してデザイナーは

このバッグがその変更に適しているかどうかを判断します。

 

それは、バッグの構造によっては

あまりマチを厚くしない方がいいものもあるからです。

 

「バッグに、ものを入れて持ち歩く」ということは、

どこにどのように重量がかかるか、という論理的な問題です。

 

ボストンバッグの外ポケット

 

リュックなのかショルダーなのか手持ちなのかで

それが全く違ってくるのがバッグの難しいところ。

だからこそ、使い勝手だけでなく、いろいろな面で

物理的な向き、不向きが出てきます。

 

もちろん、内装の作り方についても同じことが言えます。

 

そうしたことすべてをまんべんなく判断して、

更に、お客様がお使いになる後々のことまである程度想像するのは

とても大変ですが、興味深い作業です。

というわけで、

こちらのお客様にもたいへん喜んでいただけました。

ありがとうございました。

 

バッグの内ポケット

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、これはまったく別のお話になりますが、

たまにお客様と接していて驚くことは、

「革製品は一生もの」と思っている人が

まだまだいらっしゃること。

 

少しだけ考えてみていただきたいのですが、

そういう方は例えば、「一生ものとして履き続ける靴」を

お持ちでしょうか?

もし万が一お持ちなら、そういう靴は、どのように

履いてらっしゃるでしょうか?

 

バッグのファスナーポケット

 

そう考えていくと、晴れの日雨の日にかかわらず、

ずっとひとつの鞄を一生持ち続ける、ということは

ありえないこと、というのがおわかりいただけると思います。

 

一生ものだと言われていた時代の

ブランド品をお持ちになった人々は、

ひとつの鞄を、一年間にどれだけの回数お使いになるでしょう?

 

また、若いころ使っていた鞄を

60歳になっても普段使いで持ち続けられる人は

ほんとうにいらっしゃるとお思いでしょうか?

 

人は年を重ね、賢くなっていきますが

体力や筋力は自然に衰えていきます。

それぞれの世代で、身体にフィットする洋服を着たり、

身体が負担を感じないような持ち物を持つことは

年齢が行けば行くほど、必要になります。

 

そんな時必要なことは、「一生ものであること」でしょうか?

 

フルオーダーメイド品をお作りする私達は

日々の生活を

快適に過ごしたい人たちのために存在します。