2015.02.15

オーストリッチ脚革の長財布 オーダーメイド品

たまにお電話などでお尋ねを頂くのは

「持ち込みの革で、xxを作っていただけますか?」

という内容。

 

当店では、たいていの種類の革を扱えますので

何かお持ちであるのなら、どうぞお持ちください。

 

今回持ち込まれたのは、オーストリッチの脚の革。

あまり大きい革ではなくて

大きなうろこ状の硬い部分があるのが特長です。

 

オーストリッチの脚の革

 

最初に革1枚のままで写真に撮れば良かったのですが、

うっかりと仕立ててしまいましたので

どんな風に革を使ったのかを

あとから並べてお写真に撮ってみました。

 

爪先部分の革

 

上のお写真は、脚の先の爪の部分。

 

オーストリッチでもなんでも、

とにかく革は、食用にした後の革を使います。

少し前には、鳥インフルエンザの影響で

オーストリッチもしばらくは革不足でした。

 

オーストレッグのウォレット

 

この革を使って

大人の男性が持つ長財布を、というご依頼です。

 

真ん中の硬めの部分の革の模様を

上下でつなげて、柔らかい部分まで全部使いして

一本の脚を使っていることを表現しました。

 

ダチョウの脚革のお財布

 

その、大きな柄のほうがこちらの面です。

革のお色は少し紫がかったブルーなので、

内側には

当店のタシネイビーがとてもうまく合います。

 

お財布の内装

 

当店の長財布は

革素材100%でお作りしていますから

軽くて、存在感があります。

 

そのおかげで、型崩れがない程度に

気持よく柔らかくなっていくのが、特長です。

 

札入れ部分

 

今回、お札を取り出しやすいように

片側の札入れにはマチを付けて、

奥には領収書を分けて入れられるポケットをつけています。

 

プレゼントとしてお作りしましたが、

相手の方がどんな方かを伺って、その方に

より合うであろう仕様や細部をご提案します。

 

当店がお作りするひとつひとつのご注文品は

どれもが世界中でたったひとつの

宝石のような革製品です。