2015.04.25

バッグでも財布でも、フルオーダーすることとは

本日のご来店は、iPhone6 plusのケースをご希望の方。

いろいろなお店をネットで調べて、

他所のお店にもお出かけになった後で

当店にたどり付きました。

 

お話を伺って、お見積もりをしましたら

「ちょっと考えさせてください。」

とお帰りになりました。

 

お話していますと、そのお客様が

どこまで本気でそれを欲しいと思っているかが

よくわかります。

 

IPP03_ichiran

ご来店するほとんどすべての方が

 

・どこをどんなに探しても見つからない。

・市販品で似たものがあるけれど、

どうしても譲れない使い勝手の悪さがある。

・他に作れるお店がない。

という条件下でご相談くださるのですが、

 

ふだんお洋服や飲食代に

たくさんのお金を掛けていらっしゃっても

お断りになる方もいらっしゃいます。

 

making

 

今現在すでに存在している製品は

たいていが量産品で

色違いなどでも、同じものはたくさんあります。

 

ほとんどの場合、お断りになる方は

そういう量産品と、見積りのお値段とを比べて

高いとお考えになるようです。

 

私どものやっている仕事は、

現実的に使える「もの」が出来上がってくるため

量産品と比べる方がとても多いことに気づきます。

 

しかし私どもでお作りするお品は、

世界中どこへ行っても

当店以外でお作りすることはできません。

 

IMG_1664

*こうした中身のダミーも、頻繁に作ります。

 

もともとオートクチュールとはそうした世界なはず。

お客様が細かいわがままを言えば言うほど

(もちろん、どんどんおっしゃってください)

製作は複雑になり、困難になり、結果として

職人を長時間キープしていただくことになります。

 

このようにオートクチュールの世界では

何人ものプロの たくさんの時間を

ご注文者ひとりだけのために使います。

 

市販品とお値段を比べるのでしたら、それは

オートクチュールを必要としない方でしょう。

 

誤解や行き違いが生まれる前に、

オートクチュールとはそのようなものだ

とお受け取りいただければ幸いです。