2015.07.18

コーディラインの最もシンプルな長財布「バーティ」

今ではこういうラインの使い方は

めずらしくありませんが、

当店がこれをお出ししたのはもう十数年前。

 

これ、というのは「コーディライン」のことです。

たまたまこのラインがお好きだと言うことで

最もシンプルな札入れ「バーティ」に入れたい、

というご要望をいただきました。

 

コーディラインのバーティ

 

当店がこのデザインをお出しした十数年前には

こうした技術の使い方は、ほとんどありませんでした。

 

というのは、この技術はもともと

内縫いバッグの縫い目を隠すために使われていた

実用のための技術だったからです。

ですから、意識的にデザインのために用いられたことは

ほとんどなかったと思います。

 

ワインレッドにネイビーのライン

 

そういう技術をデザインとして使うことは

制作方法としても自然に馴染むものでしたから、

当店デザイナーが考案しました。

 

同じ発想のデザインとしては、

第6回JIDAデザインミュージアムセレクションに選定された

「ザ・カーヴ」というメンズバッグと、

「コラム」というショルダーバッグがあります。

 

ラインは端から端まで

 

ここ2,3年、ワールドブランドでは

バッグのデザインの仕方が大きく変わっています。

4~5年前から、

今回ご紹介しているような実用技術を

飾りとして使うワールドブランドが出ていましたが、

今ではそれは普通になっています。

 

デザインだけでなく、バッグの作り方は今や

折り紙ベースのものや、立体裁断を駆使して

昔とはまったく違う作り方になっています。

 

内張りも牛革

 

自由な発想になったと言えばなりましたが、

それは新鮮さを感じさせるデザインのためで、

使い勝手は

それに比例して良くなっているとは言えません。

 

フルオーダーメイドでお作りするたび、

デザインと使い勝手のバランスについて

考えさせられます。