2016.01.21

ヘビ革アクセント使いの長財布 オーダーメイド

「そろそろきちんとした財布を持ちたくて。

長財布で、黒で、きっちりしたものを。」

とおっしゃるクライアントと話してましたら、

オーダーメイドの長財布

 

個性の強い方なので、

「きちんと、にしても

金融業界のような堅い感じではない

ご職業ならば

お客様の個性をお出しになっては?」

と思わず言葉に出したデザイナー。

革の長財布

 

「ええ、私も黒一色じゃあさみしいなあ、

となんとなく思ってはいたんです。

職業は堅いものではないのですが、

そしたらどうすれば良いでしょう?

なにか案はありますか?」

ヘビ革アクセント使い

 

そこでお薦めしたのが、アクセントのヘビ革。

おもしろいことに

このクライアントは、ご自分で買った

ヘビ革のお財布をお持ちでした。

 

お薦めしてからそれを拝見したのですが、

やっぱりお似合いになります。

財布の内側

 

出来上がったのは、このお財布。

ヘビ革をどのようにお入れになるかは、

ここまでシンプルな形ですと

クライアント次第です。

 

ですから、外側の絵を描いて、そこに

クライアントのお好きなラインを描き込んでいただき

その分量とラインを踏襲してお作りしました。

札入れ部分

 

「ほんとにこんな風に出来上がるんですね。

やはりヘビ革を合わせて良かった。」

雰囲気がとてもお似合いになりますし、

ヘビ革は案外長持ちしますから

経年変化も楽しんでいただけます。

 

どんどん手で撫でてかわいがってください!

驚くほど質感が変わり、

新品の時よりもかっこよくなります。

ありがとうございました。