2016.06.19

リザード長財布&小銭入れのオーダーメイド

「60年ほど前の

トカゲの革をたくさん持ってるの。

何とか仕立てていただけないかしら。」

 

お持ち込みいただく古い革は

たいてい保管状態が良くなかったり、

あまり質の良いものでなかったりと

することが多いので

お仕立てを断ることがほとんどです。

 

リザード長財布&小銭入れ

 

今回のリザード革は黒色で、

たまたま問題ない状態の革でした。

それをお伝えしますと、

「じゃあ、私と息子の分の長財布を

作っていただこうかしら。

どんな形がいいかしら?」

 

長財布

 

状態はいい革ですが、

いかんせん小さい革なので、

長財布を作るとなると

何枚かで継がなくてはなりません。

 

細かく見ていきますと、

一番大きいものを使うと

何とかタテの3枚接ぎで足りそうです。

 

内側(赤)

 

お選びになった長財布は、シンプルなバーティ

「普段あんまりお札をたくさん持たないし、

でも折り目のないお札が

必要な時もありますから。」

 

「息子には、それに合わせて

小銭入れを作ってあげたいのだけど、

それくらいは残りますか?」

ぎりぎり何とかお作りできるくらいです。

 

内側(黒)

 

クライアントのお母様の分は

内側にワインカラーをお薦めし、

息子さんのは、真っ黒の札入れにしました。

 

内側のお色を変えて

接ぎをする糸の色まで変えますと、

だいぶ雰囲気が変わってきます。

 

小銭入れ

 

お話を伺い、

小銭入れも定番からお薦めしました。

この小銭入れ

小さいのですが、たくさん入ります。

 

そして、ズボンのポケットに

楽に入って、中で手で握ることができます。

そんな、なんとなく楽しい小銭入れ。

なかなかの優れもので、

使った方からは評判のいいタイプです。

 

ポケット

 

「あら、きれいにできましたね。

革から形になると

なんだかびっくりするほど素敵です。

同じ革だったとは思えませんね。」

 

お持ち込みの革でのお仕立ては

その革の状態によって難しいことが多いですが

これは素晴らしい成功例。

良かったですね。