2016.09.24

バッグとブックカバーとお財布たちのオーダーメイド品

だんだんと長いお付き合いになってきた

こちらのクライアント。

「作ってもらったバッグをお見せして、

使い方で気になるところはないか

お尋ねしようとお寄りしました。」

 

お見せくださったのは黒のトートバッグ。

ご自分の使い勝手を吟味して

オーダーしてくださったもの。

 

鞄セット

 

10か月ほどお使いいただいてますが

すでにいいツヤが出てきています。

「かなり撫でてくださってますね?」

お尋ねすると、もちろんyesのお返事。

 

o-bagset-3

 

「全然問題ないので、

このままお使いください。

今までどおりで結構です。

小さめのバッグですから、

手で撫でるだけで十分です。

手の油も十分に出てらっしゃるし。」

 

「自分として気になるのは

予想したよりももっと重くなってしまって。

ペットボトルも入れてしまってます。

いつもこっちへ入れてますが。」

と片側を指さされました。

 

o-bagset-4

 

「そうしたら、ペットボトルを

反対側にも入れてあげるようにすれば、

均等に使ってあげることになるので

より良くなりますよ。」

 

「なるほど。

それには気が付きませんでした。

表側を内側にしたり、とか

持つ方向は変えていたのですが。」

すばらしい革の使い手です。

 

o-bagset-5

 

「私、一年近く経って、よくわかりました。

このバッグ、私だから、と

金具に真鍮を薦めてくださいましたね。

最初、すごいビックリして

どうして?と思いつつも

それでお願いしましたが、

いまになってよくわかりました。

 

真鍮の使い込んだ雰囲気が

この革に似合いますし、

それがまた自分の好みにも合っています。

こういうことって

時間が経って実感できることなんですね。」

デリケートな感性を持つクライアントは

感動の面持ちで

ご感想をくださいました。

 

o-bagset-6

 

嬉しいですね。

当店の革も、コンサルティングも

すぐにわかるものではないかもしれません。

 

しかし、確実に

ひとりひとりのクライアントを拝見し

お似合いになるものをお薦めしています。