2016.12.08

底マチに厚みのあるお財布バッグ フルオーダーメイド

久々、大幅な修正を余儀なくされた

高難易度のお財布バッグをご紹介します。

 

「黄色い革でお財布が欲しいです。

現在使っているものを元にして、

ほとんど同じに作ってください。」

 

お出でになったクライアントは

ぶ厚い長財布を見せてくれました。

 

saifu_bag1

 

最初のできあがりのお写真で

お分かりいただけるように、

ほとんどバッグの大きさの長財布です。

 

現在お使いのものは

縦横の寸法的に一般的な財布と比べて

一回り大きいのですが、

お財布自体がゆがむほど

たくさんの中身が入っておりました。

それで、そっくりとは言わず

底マチの厚みを厚くして

かぶせの側の厚みもかなり足すことに。

 

saifu_bag2

 

ご覧のように、部屋も4部屋、

その他仕切りやファスナーポケットもあり

中身がたくさん入るようになっていますが、

現在入っている状態を拝見して、

当初は下のお写真くらいでお作りしました。

 

saifu_bag8

 

ところが、実際に入れてみると

無理やり入れることはできますが、

何とも見苦しいことになってしまいます。

 

使っていくうちに革は伸びていきます。

しかしそれにしても、

絶対的に底マチのスペースが足りない。

 

saifu_bag3

 

そこで次に、ここまで厚くしました。

もはや財布というよりは、バッグです。

 

今までに作ったお財布の中で

もっとも底のスペース分があるお財布です。

 

黄色のお色にもこだわりをお持ちなので

ずいぶんと革もお探ししました。

珍しい

タンニンなめしのレモンイエローです。

 

saifu_bag5

 

出来上がった時のサイズを想像しますと、

当初は計画になかった持ち手を

付けた方がいいのではないかと思い、

クライアントにお薦めしました。

 

この底の厚みでは

手で持つのも大変そうです。

 

saifu_bag4

 

裏面には外ポケットがありますから

これをうまく使っていただこうと思うと、

なおさら持ち手はあった方がいい状況。

 

この持ち手は

クライアントの手にぴったり合うサイズで

お作りしています。

 

中身に合わせて

製作物の厚み分を考えるのは

ほんとうに難しいことです。

小物をお作りするうえで、

これがもっとも難しい内容でしょう。

 

計測数値や一般的な常識からは、

出すことのできない数字だと感じます。