2016.12.23

ファスナー式二つ折財布のオーダーメイド品

最初にアポなしで店頭へお出でになった

クライアント。

「財布を作りたいと思うんですが、

どんなことができるのか、

どんな風に注文すればいいのかを

まずお尋ねしようと思って来ました。」

 

外観はとてもシンプル

 

形はどんなものでもいいこと、

好きな風にお話しくださればいいこと、

こんなことできないかな~、と思っても

とりあえずお尋ねください、

とお話ししました。

 

カード入れがたくさん付いています。

 

フルオーダーでは

ひとりの職人が最初から最後まで

責任もってお作りすること、

それなので、ひとりのクライアントが

ひとりの職人を雇っていただくこと、

流れ作業でないので

細かいリクエストにこたえられることを

ご存知いただきました。

 

見開いた所

 

「いや、思っていたのと全然違って

そういう風にオーダー品ができるんですね。」

 

一旦お帰りになってから2~3か月後

再びご相談においでくださいました。

「古い財布のこの部分を、

思い出の品なので

新しい財布に付けたいんですよ。」

 

隠しポケットがあります。

 

お付けしたのが上の飾りです。

またクライアントにはご希望サイズがあり

入れたいものがあり

それをどのようにレイアウトするか

とても難しいものがありました。

 

ガバッと開いて取り出しやすい

 

小銭入れの形も

このハコ型をご希望でしたから、

どのようにスペースを取るかが問題です。

全体の厚みも

なるべく薄く、ということで

製作にもかなり苦労しました。

 

よく「小物なのにお高いですね。」と

言われることもありますが、

小物ほど難しく、小物ほど作れる人はいません。

 

人間が住む家とまったく同じものを

使える状態にして

身長が半分くらいの人のために作ることを

ご想像ください。

 

深めの札入れ部

 

不可能なことや、

何かを譲歩していただくことで

可能になる内容を

クライアントと詰めていくのは

興味深い知的な作業です。

細かくお付き合いいただきまして

ありがとうございました。