2017.04.01

ふたつ目のファスナー長財布

以前お作りしたクライアントが

ふたつ目の同じアイテムを

ご注文くださいました。

 

外見

 

「前のはすごくいい出来だったんだけど、

使ってみると気になるところがあって。

 

元々無理なことばっかりお願いしたから、

まずはひとつ作って

何かあったらまた変えて作ればいいと

思ってましたから、もうひとつ行きましょう。

オーダーメイドって、そういうもんでしょ?」

 

内側

 

ひとつ目をお作りする時も

何回かご相談を承ってきましたが、

どうしてもご希望と実際が

矛盾するところがあるので、

そこは使ってみてから…という

解決になった案件です。

 

内側

 

普段から

さまざまなものをオーダーなさっているので、

その辺は慣れているクライアント。

 

「だって、普通は一回でできることって

そうそうないんですよ、なんでも。

試行錯誤しながら

いくつか目にベストになるのがオーダーですよ。

だって使ったことがないものを

作ってもらうんだから。」

 

札入れ部

 

「このお財布がポケットに入るように

ズボンをオーダーしましたが、

一回目はまあこんなもんかな

という感じでした。

今のはちゃんと入りますけどね。

 

まあ、こんな大きい財布が入るポケットのある

ズボンを頼む人なんていないでしょうが。」

 

厚み

 

このお財布をお作りしてから

ふたつを使いまわしてくださっているご様子。

 

「だいぶ柔らかくなって

ほんとに使いやすくなって来ました。

あれだけ紆余曲折のあった財布を、

ふたつ目で完璧に作ってもらえれば

これはもうすごいことだと思いますよ。

ひとつ目もこうして使ってますし。」

 

フルオーダーメイドというものを

よくご理解していただき、ありがとうございます。