2017.03.20

長財布のフルオーダーメイド

どんなアイテムにも

ご注文者の数と同じだけの

アプローチがあります。

 

本日ご紹介するのは長財布。

何をどのように使うことを考えると、

こうしたお財布になるでしょう?

 

外見

 

長財布を作るにあたって

最も考え方の分かれるところは、

小銭入れを付けるかどうか。

 

なぜなら、小銭というのは

いびつに嵩張るからです。

 

中身

 

このクライアントに対しては

小銭入れをファスナー式にして、

開きやすいように

片側にマチを付けました。

 

こうすることで

中味の探しやすい小銭入れになります。

 

ファスナー式小銭入れ

 

今回特徴的なのは、カード入れ。

より全体を平らにして

より薄く作ろうと思ったら、

こんな方法があります。

 

3枚だけしかカードを持たないことは

このクライアントの

シンプルな生活を象徴しています。

 

ササマチ付き

 

一番奥は札入れですが、

もっと出し入れしやすくしたいと

デザイナーがご提案したのは、

札入れ部分にもマチを付けること。

 

バランス良いつけ方であれば、

厚くなることなくお作りできます。

 

厚み

 

出来上がりはふわっとしていますが、

当店の特製牛革は

使っていくことでピタッと収まります。

 

今頃は適度に柔らかくなって

最高の使い心地になっていることでしょう。

さまざまなご提案を取り入れてくださって

ありがとうございます。

またお会いするのを

楽しみにしております。