2017.05.03

ポロサス、クロコダイルの長財布

クロコダイルの革には

4種類ありますが、

小物に似合う大きさの斑柄を持つ

スモールクロコダイル、別名ポロサスは

圧倒的な人気を誇っています。

 

今回ご紹介するのは

迫力ある、エレガントな長財布。

 

外側

 

表には、正中線に沿った

斑柄を使います。

一枚の革の中で

上下、左右を見ながら

柄が美しく出るようにお取りします。

 

このパーツを

見栄えのする斑柄で取るために、

ひとつひとつの出来上がり品に合わせ、

革の大きさ、素材選びに気を使います。

 

外側

 

作り手によっては

縦横を90度回転させますが、

当店では

腹の中心から左右へ向かって

横に取ります。

 

そのため、左右両端に向かって

斑柄は小さくなって行きます。

これが一枚の革の景色を

すべて見せてくれる、

かなり贅沢な取り方。

 

内側

 

このたびのクライアントは

さらにワンポイントとして、

内側のカード入れにも

ポロサスを使っています。

 

一枚入るだけで

ずいぶんと雰囲気が変わりますね。

 

内側

 

クロコダイルは4種類しかありません。

スモールクロコの他には

斑柄の大きなラージクロコ、

その中間の斑柄のナイルワニ、

スモールよりやや大きめのシャム、

があります。

 

マチ付き小銭入れ

 

すごく基本的な話なのですが、

クロコダイルと呼ばれるのは

クロコダイル科に入るワニのこと。

 

似たようなワニに見えても、

カイマンはアリゲーター科に属します。

 

極薄仕様

 

中でも、

最高級なのはスモールクロコで、

揃った小さめの斑柄が

上品とされています。

 

でも何より、小物に似合う

斑柄の大きさであるということが

やはり一番でしょう。

 

折った時の厚み

 

最高に美しく、上品なお品づくり

ということを考えますと、

お品とバランスの取れた斑の大きさ、

全体の景色を見られる愉しさ、で

これは眺めているだけでも

満足を感じていただけると

確信しています。