2017.07.29

30年物のラティーゴボストンバッグ

先日お店をお訪ねくださったのは

30年以上前のクライアント。

「入っても良いでしょうか?」と

初めてのようにご来店くださいました。

 

ぱっと見ると、あら~~

当店の製品をお持ちくださっています。

「そ、それは…」とお声掛けしますと、

「あら、やっぱり

ご自分たちでお作りになったものは

すぐにわかるんですね。」とのお返事。

 

正面

 

「もう30年以上前になると思います。

すごくこだわりがあって、

細かい指定をして

このバッグを作ってもらいました。」

 

それから30年以上

休ませては使い、使っては休ませて

ずっと使い続けてくださったとのこと。

どおりですばらしい革のテリです。

 

斜め

 

「お手入れ」とは、手を入れること

つまり、コンスタントに使い続けること。

 

それを忠実になさってくださると、

このように長い年月お持ちいただくことが

可能になります。

 

「とにかく持っている時には

撫でてましたね。

たまにオイルを入れることもありますが、

あまり頻繁にしてはいません。」

 

横

 

人間の手の脂が

革に吸収されて、どんどん表面が

変わって行きます。

この当店特製牛革だけの特長です。

 

拝見しましたら

まだまだ壊れずに使えそうな気配。

 

本日は、お嬢様を

ご一緒にお連れくださいました。

 

持ち手

 

「娘が就職したものですから、

ちょうどここで名刺入れを作ってあげよう

と来店しました。

 

でも、このバッグに気づかなかったら

そのまま出て行ってしまったかも。」

 

こうして二代に渡ってお使いいただけるのは、

とても嬉しいことです。

30年前にはまだ、

お嬢様は存在もしていませんでした。

 

またお目にかかれるなんて

すばらしいことです。

ありがとうございます。