2017.10.01

二つ折りメガネ用のメガネケース

アウトドア用品は、

総じてとても良くできています。

 

何が良くできているかというと、

汎用性のある形や大きさのものが多く、

中に入れるものを

特に決める必要がない、というところ。

 

使う人が、自分の目的に合わせて

たくさんの選択肢の中から

選ぶことが出来ます。

 

半月型のふっくらしたキャメル色のポーチ|オーソドキシー銀座

 

本日のクライアントは、

いつもさまざまなアイデアを

お出しくださる方です。

 

今回ご注文いただいたのは、

二つ折のメガネ用メガネケース。

 

数年前から

アウトドアに傾倒してらっしゃるため、

アウトドア用品をご覧になることも多く、

いろいろな製品に通じています。

したがって、発想も豊か!

 

見本になった市販品のポーチ|オーソドキシー銀座

 

実際にお使いだったのは

上のお写真のポーチです。

 

メガネを入れてたところを拝見すると、

ほんの少し大きい感じ。

 

そして扱っていらっしゃるところからは、

どうやら、ファスナーの向きを

反対にした方が

このクライアントには合いそうです。

 

真横から見るとどら焼きのように見える|オーソドキシー銀座

 

ケースというのは何でも、

大きすぎても居心地の悪いものです。

小さすぎたら入りませんし…

 

当店のクライアントからは

ピッタリに作ってほしい、の他、

「心地よいゆとりを」と

ご依頼を受けることが多いと感じます。

 

長めのファスナーの引き手|オーソドキシー銀座

 

そんな時、どれくらい小さくするかは

まさにデザイナーのカンひとつ、です。

 

お手持ちの現品がある場合

実際にものを入れてゆとりをみますが、

それでも、かなり微妙な問題です。

 

なぜなら、素材が変わることで

ゆとりの出方も変わり、

感覚もかなり違って感じるからです。

 

内側はワイン色で内ポケット付き|オーソドキシー銀座

 

ですから、

どのくらい詰めるかは

経験のなせる業。

 

これも、なかなか

後進に伝えることのできない技ですが、

ミリ単位で詰める幅を決めていきます。

 

出来上がったものを見ると

まったく違和感がないので、

まさかそこまで

気を使ってものとは思えない事でしょう…

 

真鍮製のナスカン付き|オーソドキシー銀座

 

後日ご来店下さった時

「いやあ、快適ですよ。

大きさは、ちょうどいいです。

ワインカラーのウラ地を

ご提案をいただいて良かったです。」

 

いつもいつもありがとうございます。

ワインカラーのウラ地が

あなた様の個性にぴったりだと思いました。

また新しいアイデアを

楽しみにお待ちしております。