2017.09.04

お守りケースのご注文

たまにご注文いただくのが

お守りケース。

 

お守りをお持ちの方は少なくありません。

でも、お手持ちのものは

それぞれみんな違う大きさです。

もちろん

どうやってお持ちなのかも、それぞれ。

 

外側

 

本日ご紹介するのは、

少し大きめのお守り用ケース。

「今まで布の袋に入れてましたが、

すぐによれて壊れちゃうんですよ。

こういうものには革が良いかと。」

 

裏地も何もないシンプルなものですが、

このケースを首から下げるということで

後ろ面には紐通しを付けることに…

 

内側

 

現在その紐通しに付けている革と

その先に結んである糸は、

クライアントがお持ちの紐を

通すためのガイドです。

 

糸に紐を通していただき、

下のお写真にある革の右側を

引っ張っていただけば

一発で紐を通すことが出来ます。

 

裏側

 

これは特にリクエストを

いただいたわけではありませんが、

こういう細い長い紐通しに

紐を入れる大変さを存じてますから、

お付けしました。

 

きっと今頃は快適にお使いと

思います。

 

健康で、

良いことがたくさんあると良いですね。

ありがとうございました。