2010.02.09

ブックカバー

 

プレゼントとして、ちょっと変わった新書カバーをご注文いただきました。

御考案者は、左の女性です。

 

どこが変わっているのかというと、このカバー、表紙をはさみ込む 見返し部分の上部分が閉じてないカバーなのです。

つまり、表表紙も裏表紙も、上からさくっと差し込むようして、そのままカバーを掛けてしまおう、ということで。。。

 

また、本の背中部分に穴をあけて、その時々で、気に入っているリボンのしおりをつけられるようにしたのは、女性ならではのすてきなアイデアですね。

 

机に座ってお待ちしているだけで、こうした驚くようなご提案が飛び込んでくるこのお店は、ほんとうにディープな世界、とあらためて思ったひと品です。

このカバーをお作りしてから、きっとまた、たくさんの本をお読みくださっていることでしょう。

ありがとうございます。