2010.07.08

家ミシンで作る革製品の制作本、が出来上がります。

 

     最近、いろいろな分野の手作りがはやっていますね。 

 

  おかげさまで、当店の制作スクール も、ここしばらく、あまり空席がない状態です。 そして、生徒のみなさんはとても楽しそうに作っていて、自分の作品 を毎日持ち歩いている方ばかりなので、端から見てると「良いなあ・・・」という感じです。

 

     さて、表題にもありますように、オーソドキシーでは現在、革の小物やバッグを作りたい人のための制作本を書いています。 あと少しで入稿、までこぎ着けました。 

 

 

  

  (株)日本ヴォーグ社 から出るのですが、これがまた、画期的な内容になりました。

 

  家ミシン(家庭用ミシン)で、

        革を縫って仕立てよう!と。

 

  いままでに、たくさんの手縫い本は出版されていますが、家庭用ミシンに対しての制作本はありません。 幅広い制作技術と、コンサルティング時の説明技術を持っている当店だからこそ、可能なアプローチとなりました。

 

  

 

  

  ずいぶん前に、美術出版社 から出していただいたとき、できれば家庭用ミシンで作る本にしたかったのですが、当時のミシンでそれは無理でした。しかしいまのミシンは、驚き!!! ちゃんと革が縫えるんですね。

 

 

  

     ただ、いろいろなタイプのミシンがありますので、ちょっと薄めの革を使うよう、本書ではお薦めしました。 そこで今回クローズアップしたのが、馬革と豚革。 やはり前回の出版時には、表として使えるタイプの革としては作られていなかった、牛以外のほ乳類の革です。 これについては、またあとで書こうと思いますが。

 

  本には、当店デザイナーが、この本のために起こした新しいデザインの小物やバッグが、22点掲載されます。 型紙までついている豪華本 (こういう本にはついてるんですね・・・)です。

 

  

  本日は、本の表紙と、ウラ表紙の作品をご紹介します。 見てくださいね。