2010.07.23

バッグ・イン・バッグ 「スィーベル」のご紹介

 

本日ご紹介するのは、当店定番の 「スィーベル」です。

 

お仕事用のバッグから、中にお入れになる小物まで、ご自分に合った革製品を、ひとつづつ考え、揃えてくださっているお客さま。。。

 

「今日は、バッグの中に入れる小さいポーチを頼みに来ました。」

 

とお出でくださったのですが、

お話しを伺ううちに、「これが合っているんじゃないでしょうか??」とピンと来て、定番の「スィーベル」をお見せしました。

 

  

スィーベルの特徴は、持ち手がうまく収まること。

ひじょうにうまく収まるので、バッグの中に収めると、

持ち手がついているデザインであることを、つい忘れてしまいます。

            

 

出来上がり時には、

お客さまのバッグに収めていただき、お写真を撮らせてもらいました。

 

スィーベルのとなりには、前にお作りしたペンケースや手帳などが・・・

嬉しいことです!

 

 

 

「定番よりも少し大きめにオーダーしたのですが、ちょうどうまく、自分の持ちたいものが収まるようになりました。

 

これだと、お昼に出かけるときとか、ちょっと出るときにも、ポーチというよりはバッグの感覚で持てるから、ずっとすてきですね。

 

最初に持って来た見本のポーチよりもずっといい感じにまとまりました。」

 

こうして喜んでいただけると、作り手としては最高です。ありがとうございます。