2010.08.26

ひさびさの「エリック・ジャビッツ」バッグ

 

お店によくいらっしゃるお客さまはご存じですが、

当店では、たまにインポートのファッショングッズを扱っています。

 

とくに、以前ウェブでもご紹介した「エリック・ジャビッツ」のバッグは、

デザイナーのすごいお気に入り。

数年前にはたくさん輸入して、多くのお客さまに持っていただいています。

すべて一点ものでしたので、複数点お求めくださった方もいらっしゃるくらい、

実用としても、プロが奨めるバッグです。

 

デザイナーは、1998年から彼の帽子やバッグを愛用していて、

バッグは、雨の日や夏の暑くてべたつく日など、

丈夫で、良いデザインで、これ以上のものは無いと思っています。

 

 

 

今回入荷したのは、横長で、ファスナー開閉タイプのショルダーバッグ。

サンド系の色の組みあわせで、

しっかりした素材、ということもあり(EJの特許取得素材を使用)、

一年中出番の多いショルダーバッグです。

 

 

彼のバッグでおもしろいところは、帽子のデザイナーが作ったものだということ。

 

 

一枚の革や布から作ると、

立体にするためには それぞれの面を合わせる必要がありますから、

面と面とを縫い合わせて、その境目がはっきりしてしまうのですが、

 

帽子の場合、ブレードという紐を、くるくると丸いカーペットのように縫って、

さらに縫いつつ、手加減で凹凸を作って行く方法なので、

 

面を作るための、隣り合うパーツの縫い止めをしないで、作ることができます。

 

そうすると、

面と面の間にも、全体的にゆるやかなカーブラインが出るのです!

 

 

 

これは、一枚の革や布でバッグを作る方式では、絶対に作ることができません。

なんて新鮮なんでしょう!

 

また、この残暑厳しい、肌のべたべたする季節には、とくに嬉しいバッグです。

 

すべてのバッグは、一点ずつしか入りませんので、

日本中でひとりしか持っていない、ということもちょっと楽しいかも知れませんね。