2010.07.17

iPadケースのお値段の秘密

本日はまず最初に、限定品のネイビーxサーモンピンク糸のmonoをお見せします。

こんな感じ。キュートで楽しい感じです。

今回の iPadケース、お客さまからは

「オーソドキシー製品なのに、安いのでちょっと気持ち悪いです・・・」

という御意見をしばしばいただきます。

ちょっと頑張って作ってみました・・・なのですが、

どうして今回のお値段で作ることができたのか、お話します。

いままでにも、当店は、今回のように、

「超整理手帳」という手帳に対してのカバーをお作りしてきました。

もう13年にもなります。

その基になるのは、

「ロングラン」する製品に対して、ある程度継続して作っていこう、という気持ちです。

以下にご紹介するのは、一点限りのネイビーxサーモンピンク糸の copulo 。

copuloもmonoも、今回は、ゆっくりと着実に製品開発をしてきました。

その結果、

・簡略化して作る部分を徹底的に洗い、

・とくに必要の無いウラ地は無くし、

・隠れてしまう部分の革については歩留まりの良い素材を使い、

・計画的に作る準備をする、など、

正統なコストダウンをすることに成功しました。

あんがい普通の答えになってしまいましたが、そういうことです。

ですから今回は、継続的に作るつもりでいます。

また、基本的には、

デザイナーが出したいと思う革の色と糸の色の組みあわせでしかお作りしません。

ですから、

イレギュラーなご注文を入れていただく場合には、お値段がどっと上昇いたします。

ご希望の方は、お尋ねください。

ということで、まずは手触りのいいケースをお楽しみください。