2013.04.06

バッグを40グラム軽くするって、そんなに重要な事ですか?とご質問いただきました。

 

先日ご紹介した「マイティトート」の革違いバージョンについて、

ご質問をいただきました。

 

「40グラムって、たったそれだけのことで、

実際 そんなに軽くなったと言えるんですか?

ここのバッグはもともと軽いですし、あんまり変わらないのでは?

お料理で、お砂糖40グラム減らすんだったらすごいと思いますが。」

 

なるほど、使う方にしてみれば、そういうご感想があるのですね!

今日は、その40グラムについてお話しましょう。

 

 

rubaru1

 

 

まずこれは、作る側からすると常識なのですが、

革バッグの保ちの良さは、使っている革の厚さに比例しています。

 

また、入れる中身が重いなら、

バッグの自重を重くしないと、保ちは悪くなってしまいます。

 

 

当店の定番・フルオーダー品は、

その点を鑑みて、革素材の厚さや、堅さを決めています。

 

それで、実用に適した重さにすることが可能になりました。

 

 

LB006_01C

 

その結果、アイテムごとにすべて、

革の厚みや堅さ、作り方まで違っています。

そしてそれは、

32年の経験から導いた、理屈やルールに乗っ取っています。

 

一本の長ネギを、中華や和食、フレンチ、イタリアン、と作り分ける

お料理オールマイティのシェフを

思い浮かべていただくとわかりやすいかも知れません。

 

 

20131222013

 

 

もちろんフルオーダーでしたら、

ご注文者に合わせて、軽さから大きさまで調節します。

 

「ものを入れて持ち歩くこと」が目的の鞄やバッグですから、

そこは最も重要なポイントと言えるでしょう。

 

 

 

お持ちになる方のリクエストはたいてい

「軽ければ軽いほどいいです!」となりますから、

重さと保ちの長さの落としどころを、どこに持って来るかが、

腕の見せ所。

 

これほどレベルの高いお品づくりをしているのは、

世界一のフルオーダー技術を持つ、当店だけです。

 

 

 

kawasuki

 

 

実際に作る上では、

ここで5グラム、ここで10グラム、さらにここで5グラム、といった感じで、

数グラム単位でしか重さを減らせませんし、

その結果、

合計20グラム、30グラム軽くなった、という絶妙な減らし方しかできません。

 

ですから、前回ご紹介した「マイティトート」は、

内装や外装だけでなく、重さ的に加算されるパーツがあるにもかかわらず、

40グラム軽くした、

ということは、かなりの苦労の結実なのです。

 

 

 

withmighty

 

まあ、それはけっきょく作る側の事情なのかもしれませんが、

 

持つ人の側からすれば、10グラム重くなっただけで、

いきなり「重い」と感じる、

重さの感じ方の喫水線みたいなものが存在します。

 

ですから、その逆もまた真なり、で

わずか10グラムでも、急に軽く感じるところもあるのです。

 

それは、単にグラム数だけではなく、

見た目の大きさや、色、

さらに、心理的な要素までも含む、絶妙なバランスです。

当店は、

そこまで考えた ものづくりをしています。

 

こうした世界一の技術を、

あなたのためだけに使っているオーソドキシー。

ほんとうのオーダー品を、一度 お持ちになってみませんか?

 

あなたの身体を楽にしてくれる、

あなただけの美しいバッグを持つことが、

ほんとうのステイタスです。