2016.12.10

当店でのオーダーメイド術

いろいろなクライアントから

さまざまなご依頼をお受けしますと、

複雑な内容を

たった「ひと言」に集約して

言語化する必要のある

大変な局面が、ものすごくたくさんあります。

 

wallet2

 

当店オーダーメイドの受注には、

他の誰にもマネできない

独特の方法があります。

 

それを知っていただければ、みなさんは

前もって考えすぎる必要もありませんし、

どうやって説明するのか

悩む必要もないことが

おわかりいただけると思います。

 

to5

 

さてこのたびのクライアントは、

前もってメールで作図をお送りくださり、

革の厚み、全体の大きさ、構造まで

事細かにお知らせくださいました。

 

ご来店の方には

絵を描いていただく必要はありませんが、

この方は、どうやってご自分のリクエストを

正しく理解してもらえるのかを

とてもよく考えてくださっています。

 

ところが、いい作図なのに、

あまりに細かい革の厚み等の

数字のご指定がありすぎて、

革という素材を使って作るうえで

あまり意味のない内容になってしまい、

かえって

動きが取れなくなってしまいました。

 

cbi_fold7

 

そこで、ある程度お見積もりを

お出ししてから、

ご来店時に

その理由についてお話ししました。

 

「当店では、使う方の状況に合わせて

革の厚みから何から総てを変えますので、

なぜその革の厚みをご指定になったか、

そんな理由や経過をお話しいたければ

ふさわしいものをお作りしますよ。」

 

shoulder_bag5

 

「そしたら、ざっくりした

自分の希望レイアウトを描いて、

自分にとって一番気になることを

メモ書きするだけでいいんですね!」

 

そうです!でも

ご来店できる方には、

その必要もありません(笑)。

 

こちらがお出しした質問に

普段どうなさっているのかを

お答えいただけば、

迷っている内容であれば

そこから先は選択肢をお出しし、

選ぶためのポイントをご説明します。

とても簡単に、

すっきりしたオーダーができるのです。

 

よく、絵が下手だから、

とおっしゃる方もいらっしゃいますが

そんなことは気にしないでください。

 

mac5

 

遠方の方の場合には

描いてくださった一本の線から、

メモ書きの何気ない一言から、

その方のリクエストを正確に受け取り、

もっとも理解しあえる言葉に置き換えて

ご説明します。

 

これが、メールだけでも

きちんとしたお品ができる理由。

 

気軽にお出でいただいたり

メールをいただければ、

最高の答えをお出しします。

安心してオーダーメイドを

お楽しみくださいね。