革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.04.1

5か所の入れ口がある、アイボリーの名刺入れ 202

 

普段お作りすることのない

アイボリーの名刺入れをご紹介します。

 

長いお付き合いを頂戴している

クライアントからのご希望は、

「トータルで5か所に、

名刺を分けて入れることのできる

名刺入れが欲しいです」。

ありがたいことです。

 

 

 

 

3か所までならよくありますが

5か所となると…と考えていきましたら、

本体を2つに仕切りたい

というご要望もあり、

お写真のようなデザインになりました。

 

ベースの色に

アイボリーをお選びいただきましたが、

個性的な男性がお持ちになるので

何か一色を入れたい、というリクエストから

ダークブラウンをお勧めしました。

 

 

 

 

結果はとてもステキで、

クライアントにもっともお似合いになる

デザインとなりました。

 

見た目に比べて軽量ですし、

薄くて使いやすい出来上がりです。

 

革はエルメスで使っている革なので、

アイボリーでも汚れが少なく

ご想像いただくより

ずっときれいにお持ちいただけます。

 

 

 

 

「お値段もステキなのでビックリしました。」

とのご感想もいただきましたが、

ここまでの小物を、ご要望どおりの内容にして、

この革を使って

サイズ感も良くお作りできるところは、

他にはないと自負しております。

 

メールで頂戴したご感想をご紹介します。

************

名刺入れについては、

かなり斬新な配色ではあるものの、

上品さや上質さが醸し出されていて、

ダンディズムそのものでした。

周囲にご披露したところ、

若干押しつけがましかったのかも

知れませんが(笑)、とても好評でした。

************

 

「クライアントの個性そのもの」

というデザインは、

フルオーダーメイドならではの持ち物です。

 

余談ですが、この方からは

今回お話していて、Yシャツのオーダーについて

なるほど、という情報をいただきました。

オーダー時に余った布は、

カフスや襟が傷んだ時、それを使って

作り直していただく事ができる、という情報です。

つまり

気に入った布のシャツが長く着られる、ということ。

 

このようなお考えで生活をしている方から

信頼していただけるのは、とても嬉しいことです。

この度もありがとうございました。

 

 

関連記事

  • バイカラーのすてきな文庫本カバー

  • コーディーラインの長札入

  • 外見

    ファスナー式手帳カバーのフルオーダーメイド

同様のアイテムを見る: