2013.07.04

見本ありブリーフケースのご感想をいただきました。

 

とても嬉しいメールをいただきました。

ブリーフケースをお作りしたお客様からです。

 

お客様が快適に暮らしてくださっているご様子を

こうして知ることができるのは、ほんとに嬉しいことです。

 

 

AB1

 

 

************

 

今年3月に鞄を作っていただいた○○です。

その後おかげさまで使用させていただいています。

結構重いものを入れて役所に行く機会が多くあります。

重さを感じないつくりで,重宝しています。

 

驚きが何度も重なっているので,お礼をしたいと思いました。

大事に使わせていただきます。

 

************
 
 
 
AB2

 

 

やはり新しくお作りしたかばんは、

ずっとお使いの鞄に比べますと、ピンとしていて、大きく見えますね。

 

これがしんなりと馴染んでくる頃には、

使い慣れて、

身体の一部のように感じていただけることと思います。

 

自分が使い慣れて、快適に使えるものを見つけられたら、

こうしてフルオーダーを活用していただくのは、すばらしいこと。。

 

AB3

 

 

よくお客様からは、

たくさんのバッグを購入したけれど、

結局 使うものはひとつに決まってしまうので、

「随分たくさんの無駄をしてしまった・・・」

というご感想を伺うことがあります。

 

しかし、それはけっして無駄ではありません。

 

逆に言うと、たくさん使ったからこそ、自分には何が合うのか?という

問いに対する答えを見つけることができるのです。

 

デザイナーは、自分の足に合った靴を見つけると、

必ず色違いで二足買い求めます。黒と茶系と。

それは、自分のファッションと、足とに合う靴はほんとうに少ないと、

長い経験を通じて分かっているから。

 

今までしてきた数々の失敗や、無駄と思えることこそ、

とても貴重な体験です。

「なぜ失敗だったのか?」 これを考えることなしに、

日々の進歩はあり得ません。

 

オーソドキシーでは、あなたの大切な経験は、すべて活用されます。