2018.11.29

ファスナー式黒革のシステム手帳 83 

仕事に欠かせない手帳のご注文も

一年中コンスタントにいただきます。

 

以前は年末に多くなったご注文ですが、

だんだんとオーダーメイドに慣れてきますと、

「よし、いまなら決まった。」

という時期に、みなさまおいでくださいます。

 

 

「よし、いまなら決まった!」とは

いつのことでしょう?

 

多くの方は、まず市販品を使ってみて

これがいい、となるのですが、

それが 最初から

パーフェクトな仕様であることは

ほとんどありません。

 

みな、目指す使い勝手を

頭の中で描き、

それに近いものをお選びになるわけです。

 

 

頭の中では理想に近いお品であっても

実際に使ってみると、

例えば今回のようなシステム手帳であれば

 

「こんなにたくさん入れなくてもいいな。」とか、

「ここまで入らなくてもいいから、

もっと薄く、ハンディなサイズにしたい。」

などと、いろいろな感想が出ます。

 

 

本日ご紹介するシステム手帳は

お財布代わりにも使われるということで、

ファスナーの内ポケットの中を

さらにふたつに分けています。

 

このポケットの分け方は、

他のあるクライアントから

何とか小銭を二種類に分けたいんですが…と

リクエストをいただいたことで

デザイナーが考え出したアイデアですが、

かなり有効で、

さまざまな局面で使っています。

 

 

ファスナータイプのシステム手帳の場合、

フラットに開くようにするためには

どうしてもサイズが大きくなってしまいますが、

 

当店ではそこは最低限の寸法で収め、

中身に合わせて

なるべく薄く、お作りしています。

 

そして「黒革の手帖」柄の押印をしますと、

黒でも華やかな印象になります。

 

クライアントは、きっとこの手帳と一緒に

うまくお仕事を進めていらっしゃることでしょう。

このたびはありがとうございました。

ご成功をお祈り申し上げます。