2019.11.14

易者さんからいただいたサメ革システム手帳のご注文

ハードなたたずまいのシステム手帳は、

サメ革のブラックでお作りしています。

 

このカッコいいお品を

ご注文くださったのは、女性の易者さん。

 

ご相談はすべてメールで行われましたが、

当店のコンサルティングを

とても喜んでくださいました。

ありがとうございます。

 

お届け後、ご感想をいただきましたので、

ここにご紹介いたします。

 

 

************

サメ革のバインダー、一昨日受取りました!

ご送付、ありがとうございます。

 

箱を開ける前からドキドキでしたが、

実物を目にして

思わず「うわー!!!」と

歓声をあげてしまいました!

 

その美しさ、手触りの良さ、軽さに、

もう感動しかありません。

コイン入れも名刺入れも、ピッタリでした!

 

(3枚目のお写真の

穴の開いたポケットが、コイン入れです)

 

 

背やベルト部分の革の表情を変えて

オールブラックの中に変化を

つけていただいたりと、

細部まで丁寧に作っていただき、

本当にありがとうございます。

 

世界にひとつだけのサメ革バインダー。

これからの道を一緒に歩いてくれる

最高のパートナーです。

 

 

時を経るにつれて出てくる

サメ革のツヤと貫禄も楽しみに、

大切に使いたいと思います。

 

1点お聞きしたいのですが、

このバインダーのサメは、

南アフリカのサメでしたでしょうか?

お聞きしたのに、

記憶が曖昧になってしまい

申し訳ありません。。。

************

 

ご相談後、一度東京へおいでの時に

ご来店くださったクライアントには、

サメ革の斑柄の違いについて

お話ししていました。

 

それでこのメールで、気仙沼のサメと

南アメリカ沿いのサメの肌の違いを

お尋ねされたのです。

本品は、南アメリカのサメ革です。

 

 

今回特殊なのは、

表も内側もすべて

サメ革でお作りしたこと、

それから

 

芯材などを入れず、

ナチュラルなサメ革で

厚めなものを使って

革だけでお作りしたこと、です。

後々、どれだけ手になじむことでしょう!

想像するだけで、顔が笑ってきます。

 

木火土金水、風水の面から

サメ革と牛革の相性は良くない、

ということで、

サメ革オンリーでお作りしました。

 

この手帳がクライアントに沿って生き、

助けとなることを願っております。

いろいろお教えいただき、

ありがとうございました。