2020.05.04

身体を楽にする革製品を目指して:長財布

今日ご紹介するのは定番で、

見本品としてお店に展示していた

特別価格でお出しする一点ものの長財布です。

 

「マイプレジャー」という名のこの長財布は、

小銭入れ部分が ガバっと開くので、

細かい動作がやりにくくなってきたと感じる

年齢の方や、

面倒くさいことが嫌いな方に、人気です。

 

 

私たちは、年が若くなることはありません。

歳が増すことで

知識は増え、賢くなってきますが、

 

そのかわり、面倒に感じるようになったり、

体力や運動能力が下がってくることがあります。

 

ですから、快適な生活を続けるには、

使うアイテムに対して何らかの工夫が必要、

と感じるようになります。

 

 

マイプレジャーは、まさに

そんなご要望から生まれたお財布。

 

デザイナー自身が年齢を重ね、

自分の経験を通して、

また両親をつぶさに観察することから、

「疲れてきた身体を楽にする」ことに

注目するようになって、

15年以上が経ちます。

 

20年以上前から

軽いバッグやお財布を研究してきたデザイナーは、

軽さだけでなく、

使い勝手もずっと追及しています。

 

 

このマイプレジャーは

そんな中でも特にお薦めしたいひと品。

 

たまたま見本として店頭にお出ししていたので、

そろそろどなたかにお使いいただこうと

特別価格でお出ししています。

 

ずっとお手入れしてますので、

革も使いやすいと思います。

 

 

一点ものの現品、というのは

そんな品々の集まりです。

手抜きをしたのでもなければ、

失敗したのでもありません。

 

そろそろ使うことが、

革としての使命を全うできる、ということ。

これがお目に留まったら、まさに出会い!です。

そんな品々を、どうぞご覧ください。