2020.09.04

ずっと欲しかったトートバッグ 2004

このクライアントからは

お電話をいただきました。

 

「ずっと欲しいと思っている

大きさの、

柔らかいトートバッグがあるんですが、

どこにもないので

オーダーで作っていただこうかと。」

 

かわいらしい印象の女性です。

年齢をお教えくださったのですが、

お電話の印象よりずっとご高齢でした。

 

「私の年齢になってくると、

なかなか持ちたいバッグがないのよ。

みんな重くて、大きくて…」

 

 

いろいろお調べいただき、

やっと当店へお電話くださったとのことです。

ありがたいですね。

 

「大きさはね、横幅がxxセンチで、

それに合わせて

正方形っぽい形が欲しいんです。

バッグの厚みはxxセンチくらいかしら…

 

形は、とにかく四角っぽくて

縦横の感じが正方形が良いの。」

 

 

聞き取りは続きます。

持ち手の長さや太さなど

細部までのお話しから、

どんなバッグかが望まれているか、

デザイナーの中で姿を現してきます。

 

「それではスケッチ画を描いて

ファックスしますので、

ご覧いただいて修正があったら、

直接書き込んでご返信くださいね。」

 

 

ファックスを送りましたら、

「どうして私の言ってることが

ぴったりわかってくれたのかしら?

 

電話だけの説明なのに

こんなにお話が通じるなんて…

すばらしいですわね。

 

どこも直すところがありませんから、

これで作ってくださいね。」

 

その後、シンプルな形なので、

糸の色をちょっと遊びましょう、という

お話になりました。

ワインの革に、柔らかいピンク系の糸です。

シックなワインカラーの革に、

思わぬ糸色が

かわいらしさも演出してくれます。

 

 

遠方の方だったので

お電話だけのやり取りで、

バッグは宅配便でお届けしました。

 

「思ったよりずっとステキ。

すばらしい手触りで、良いお色です。

糸の色がどうなるかと思ってましたけど、

ワインにこんなお色が合うんですねえ。

好きです、この感じ。

とにかく革が気持ちよいわ。

 

でもどうして、

一回話しただけなのに

こんなに私の思い通りに作れるの?

さすがはプロですね!」

 

嬉しいお褒めの言葉です。

その後、もうひとつ

ポシェットをお頼みくださったのですが、

他のバッグはすべて人に上げたりして

処分した、とおっしゃってました。

 

「軽いので、

すごく楽に持てるの。

私の今の年齢だと、

これひとつあるだけで

充分に満足できます。

ほんとにありがとう。」

 

ご満足いただけて良かったです。

心より、感謝申し上げます。