2010.10.09

男性用ストールの着用例

 

メンズストールの着用例をご紹介いたします。 本日のストールは、

 

ムガ蚕(ムガサン)の、きゃしゃなゴールドの糸を使った繊細なお品。

「先染め」といって、まず糸を染めてから、織っていく作り方をしています。

 

ところどころ、染めていないもともとのゴールドの生糸を使っておりますので、

先に染めたチョコレート色っぽいパープルの糸(元は同じゴールドの糸を染めた糸)が

微妙な色合いに織り上がっています。

 

 

こちらのお客さまは、チョコレート色の光沢あるウールセーターに、

ラベンダー色のシャツを合わせていらっしゃいますが、この先染めの微妙な色合いにぴったり。

 

首への巻き方も、きっちりとタテに四つ折りしたストールを、まず首に一巻きしてから、

ゆったりと、ちょっとラフな感じにまとめてくださっています。

 

首に巻くのは難しそうで・・・というお客さまもいらっしゃいますが、

こうした巻き方なら、きれいにまとまります。 どうぞ、参考になさってください。

 

シルクストールは、毎回毎回、糸の太さから撚り、染めの具合まで違っていますので、

すべて一点ものばかり。

あなたに合う一点が見つかったら、まずは使っていただくことをお奨めします。