2016.02.04

ゾウ革ショルダーバッグの改良

2年前にお作りした象革のショルダーバッグ。

「おかげさまで毎日使っています。

よく褒められるんですよ。

まあそれで、そろそろファスナーが切れかかって、

その他ヨレてきたところがあるんで

気になるので、手直しお願いします。」

ということでお預かりしました。

オーダー鞄

 

毎日使っていると、バッグの形によって

いろいろな場所に負担がかかり続けます。

ですから、その負担のかかる場所が

多少ヨレることは避けられません。

持ち手部分

 

逆に申しますと

どんどん使っていてもヨレないバッグ、

というのはほとんどない、と

思っていただいて間違いありません。

ちなみに、上から3枚目のお写真までが

修正前のヨレたお写真です。

後面

 

このクライアントの気になったところは

重さのかかるフタ部分。

上のお写真がわかりやすいでしょうか。

上面に持ち手を付けているので、そこが

どうしても持ち上がってしまいます。

そこで今回は…

新しい持ち手部分

 

上のお写真のように修整しました。

アクロバチックな方法ですが

後からきれいに直すことができます。

 

これはクライアントからのご提案があり、

うまく解決できる方法を取れました。

新しい後面

 

アクロバチックな方法ので

最初からはあまりとらないのですが、

すばらしいご提案です。

 

このように、クライアントとの二人三脚で

さらにすばらしい結果が生まれることもあります。

完成品

 

ファスナーの方も付け方を変え、

耐久性をアップするような付け方にしました。

「おかげさまでいい感じになりました。」

毎日持つものだから美しい状態で持ちたい、

という美意識の高いクライアントです。

 

この形でどのように耐久性を高めるかの

すばらしい経験になりました。

ありがとうございます。