革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

最近の投稿

2022.05.24

レディスのビジネスバッグ 201

 

「このバッグが気に入っているんですが、

重い荷物を持つからでしょうか、

半年ほどで持ち手の革が

ぽろぽろと取れてしまうようになってしまって…

 

買い替えても同じことになるのだったら

いっそのこと、オーダーで

上質なものを作っていただこうと思います。」

 

 

 

 

拝見しますと、凝った作りのバッグです。

それだけでなく、たしかに使いやすそう。

D:「良いバッグですね。

だいぶ使い込んだ感じですが、

この状態で、まだ半年なんですか?」

 

持ち手のところだけでなく、

ところどころ表面が剥げかかっています。

D:「失礼ですが、

こちらはおいくらくらいでした?」

C:「たしか☓万円くらいでした。」

D:「製作工程がとても多い製品で

外装も内装もしっかりできているわりに

極端な安価だと思います。その分、

革にしわ寄せが行ってしまったんでしょうね。」

 

 

 

 

こんな会話の後ですから、

ご希望いただいたデリケートなお色でも

剥げない、褪色しない、

多少の雨でも大丈夫、

なフランスの革をお見せしました。

 

当店特製牛革とは正反対の「変わらぬ革」です。

 

お選びになったのは、

見本と同じような色目です。

見本のバッグがもっといい革で作られていたら…

とも思いましたが、

一般的に日本の量産品では、当店が

お薦めしたレベルの革を扱うことは出来ません。

量産品でもそれをできるのが、ハイブランドです。

 

 

 

 

お話を伺っていきますと、

少し変えたい仕様内容がおありのようです。

それをすべて反映させての今回のオーダーです。

 

ただ、現物をお持ちとは言え、

少しだけ底幅を大きくしたいのですが、

というご希望を頂戴したので

大きさダミーをお作りしてお見せしています。

 

オーダーバッグで難しいのは容量決めなので、

これさえクリアすれば

完璧なものをお作りすることができます。

 

 

 

 

デザインは、お好みを聞きながら

少しだけ細部を変更して、

さらに上品な感じにしています。

 

少しお使いいただいた後、

この案件に対する達成感を感じることのできる

ご感想を頂きました。

 

************

この度は想像どおりのカバンをお作りいただき

ありがとうございます。

大きくしたはずなのに大きく見えず、

何度も見直しています。

 

ゆとりができて持ちやすいからでしょうか、全

部荷物を入れたのに軽く、

「忘れ物したかな」とこれまた

何度も中を見直しています。

 

持っているうちに、

取手など変えたくなるかもしれません。

その時はまたお付き合いください。

************

 

このたびはありがとうございました。

見本バッグの持ち手のことがあったので

ご心配になっていらっしゃるようですが、

この革でしたら、

長いこと交換の必要はないのではと思います。

 

 

 

 

後日、お取引のある革屋さんと

今回見本になったバッグの話をしましたら、

ちょっと驚くようなことを言います。

 

「その革はたぶん、

すみません、ウチでお出ししたものです。

とにかく安い革を、ということで

ウチでもどうやったらその値段でおさまるか…と

何とか作った革です。

あのお値段では劣化が早いとは思いましたが、

半年でそれですか… いや、勉強になりました。」

 

いろいろな情報をお互いで交換しながら、

革という素材は怖い、と

あらためて知ったオーダーでした。

 

同様のアイテムを見る:

2022.05.21

申し訳ありませんが、しばらくの間ウェブショップをご覧いただくことができません。

ただいまウェブショップサイトの

改変をしております関係で

今までのサイトを

ご覧いただくことができません。

 

ご迷惑おかけしておりますが、

よろしくお願いいたします。

 

新規開店に合わせて、

お店では新しいデザインバッグを

製作しておりますので、

楽しみにお待ちください。

どれも世界で一点だけの品々です。

 

同様のアイテムを見る:

2022.05.21

車と家、四角いキーふたつが入るキーケース

 

アイデアあふれるこのクライアントからは

長いお付き合いを頂戴しておりますが、

毎回ご注文いただくたび

「今度はそう来ましたか!」という

新しい発想をぶつけてくださいます。

 

今回は

「ジーヴズをキーケースにしたらどうかと思って。

車と家と、ふたつとも四角い立体キーなので、

今使っている

ふたつを重ねて入れるキーケースだと

厚ぼったくて嫌なんです。」というご希望。

 

 

 

 

なるほどそのままのジーヴズに

ふたつの立体キーを入れてみますと、

案外すんなりと収まってスッキリします。

どうやらタテxヨコサイズは

オリジナルのままで良さそうです。

 

こんな使い方があるんだ、と思いつつ

ふたつのキーがそれぞれ収まるように

ポケットを付ける方がいいのでは…

とお話しは進みます。

 

 

 

 

このように

クライアント主導で進めていただく時は

それができるかどうか、そまず考えます。

 

「ダブルファスナーにしたい」

というご意向に対しても同じでした。

ところが、当初このご希望には

そんなに苦労するとは思いませんでしたが、

結果として

本物とほとんど同じ試作を作らなければ

細部と製作順番がわからない、

という落とし穴に落ちました。

 

ほんとに何十年やっても、

落ちる時は深い穴に落ちます(笑)。

 

 

 

 

そして当初の製作予定と変わったのは、

ファスナーの始まる部分を

下のお写真のおやゆび部分まで伸ばしたこと、

それから

ファスナーの付け方が、

裏面への直付けとなったことです。

 

これでないと製作ができない事実には、

手を動かしていって初めてわかりました。

 

お使いいただいてひと月ほど経ちますが、

オーダー品についてご感想をいただきました。

ありがたいことです。

いつも私どものことまで深くお考えいただき、

感謝感謝です。

 

 

 

************

お世話になります。

車の鍵も新しくなったので

作成頂いたキーケースの感想を

1ヶ月弱ですがお送りします。

 

まず外観です。

今回の水色キーケースは見ただけ嬉しくなります。

以前購入したピンクリザードのジーヴスは

気分が上がる感じなので少し違いますが、

どちらも毎日何度も使うものとしては

楽しくなるものに間違いありません。

 

使い勝手です。

家の鍵も昨日新しくなった車の鍵も

問題なく収まって不都合はありません。

作成前に生活が変わって

スマートキー二つをとりあえず入れたものは、

厚みがどうしても私には合わかったので、

今回それを踏まえて横に並べて薄くしたのは

良かったかなと。

 

まずは取り出す頻度の高い家の鍵が

私の使い勝手的に奥側の方が指が入れやすく、

その場合はwファスナーでなくても良かったかも

と思っております。

wファスナーが大変だったと伺ったので、

その辺りは作成前に自分でもう少し熟慮すれば、

と申し訳なく思いました。

 

一応せっかくなので1週間ほど前から

手前側に家の鍵を配置して

wファスナーを活かす生活に慣れるか実験中です。

 

今のところ違和感はないので、

慣れれば気にならなくなりそうな感じです。

鍵にも厚みに差があるので、

たまに場所を交換できれば

消耗の仕方も変わるといいなと自己満足ですね。

 

という訳で、

問題は全くなく気持ちよく使っております。

また他の品でお願いできばいいなと思います。

変化の大きい時勢ではありますが、

その時にお互いまた元気でお会いできることを

楽しみにしております。

この度はありがとうございました。

************

詳しくお知らせ頂き、ありがとうございます。

四角いキーをどうやって収めようか?

と考えている方は多いので、参考になります。

 

また持ち物は、入れる場所を変えることで

長保ちすることは間違いありませんので、

またそれについてはまたお知らせいただけますと

ありがたく存じます。

 

お目にかかる時は

いつも楽しく過ごさせていただいています。

またお待ちしております。

 

同様のアイテムを見る:

2022.05.19

サメ革のシステム手帳とセットの小銭入れ105

 

以前システム手帳をお作りしたクライアントから

お揃いの小銭入れをご注文いただきました。

占いのお仕事でお使いになる道具のひとつです。

 

占い師一人ひとりの方が使うコインは

それぞれ違うタイプで、

この方のお使いのコインは大きめです。

 

 

 

 

「コインは3つ使うのですが、

全部一緒に入れてさっと出せればいいです。」

というシンプルな使い方なので、

定番の「手のひらに収まって…小銭入れ」

お薦めしました。

 

お写真で見るよりも

ずっと使いやすく、容量もあるため、

この嵩張らない小銭入れには

ちょっとしたファンが付いています。

 

 

 

 

おまけにパッと開けることができて、

中をひと目でざっと見ることもできます。

 

こんなに小さな小銭入れで

こんなに見やすく、取り出しやすいものは

他にはなかなかないと思います。

 

 

 

 

出来上がり品をお渡しした後、

お仕事の風景を見せていただきました。

それが下の2枚のお写真です。

 

パールホワイトのサメ革は

眩しいほどうつくしいです、

そして、圧倒的な存在感。

とてもお似合いなのも嬉しいことです。

 

 

 

 

クライアントはシステム手帳を手に

易の秘密を探っていき、

驚くほど当たる占いを

披露してくださいました。

 

古い占いを研究熱心な方が再興した

この占いの方法に、

当店の製品がひと役買うことができて

とても嬉しいです。

 

 

 

 

すでにご活躍のご様子ですが、

ますますのご発展をお祈りします。

この度のご注文もありがとうございました。

 

同様のアイテムを見る:

2022.05.17

8年ほどお使いいただいた二つ折り財布

 

「2013か2014年くらいに作っていただいた

二つ折り財布ですが、

糸が解れてきたので直してください。」

よく使っていただき、ありがとうございます。

 

拝見しますと、

糸が切れているのは、札入れ部分の

外側の折れ曲がるところ。

 

ここは一番消耗の激しい部分ですから、

やはりここか… という場所です。

 

 

 

 

丁寧な扱いの方のようで、

後はほとんど何ともないことから、

30分ほど近辺をぶらついていただき

その日のうちにお渡ししました。

 

「毎日使っているものなので、

今日修理をお願いしてすぐに受け取れるのは

とても嬉しいです。

てっきりお預けするものと思ってました。」

 

こういうところも

アトリエ隣接のメリットです。

不自由な思いを

なるべくしないでいただきたいですから、

その場で直せるものはお直しします。

 

ただし、必ずご予約ください。

技術者たちは

自分の製作物に集中していますから、

最初から予定を立てて動くことで

より良いものをお作りすることができます。

 

 

 

「どこをどう直したか

まるっきりわかりませんね。

すごいなあ。

まだ当分使うつもりです。」

 

手で撫でてくださったお財布は、

とても美しい経年変化をしていました。

ありがたいことです。

末長くよろしくお願いいたします。

 

 

 

同様のアイテムを見る:

2022.05.13

クライアントから頂戴した【ウェストポーチ 】使用 レポート

 

本日は、

先日ご紹介したボディバッグに対して

頂戴したレポートをご紹介します。

感覚をフル活用した、愛情あふれる

レポートを、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

************

新旧 並べ るとご存じ の通り ですが、

少し 大きいですね 。

少しずつ 革も伸びて 、

ポーチ自体 に丸み も付き始め、

体にも なじんで 来ています  。

 

 

 

 

実物 を見ると 、

あまり サイズ に違いはないかと

思いましたが、

写真 でみるとやっぱり 違いますね 。

 

*タテxヨコはそれぞれ+1センチですが、

ものを入れて使うことで、

厚み部分にタテxヨコの長さが取られて

寸法はかなり小さくなります。

 

着用イメージ については

本人 はあまり大きさ は気になっていませんが、

鏡に映った 映った 姿をみると、

存在感 は増したように見えます。

ただ、 着用本人の体が大きくなって

幅が出たので orz 、問題 ないかもしれません…。

 

 

 

 

↑奥が 見えやすいように

少し 画像 の明るさを調整 しています。

 

新しい 物の場合は

お財布 が奥の方に 収まります 。

 

 

 

 

↑やっぱりパツ パツ に物が入っています。

※設計 段階 では折り畳み財布 の使用 でしたが、

途中で 長財布 に変わりまし た。

その 影響 もありますね。

*こちらは二代目です。

 

 

 

 

フル でフック を付けた 状態 ↑

正面 向かっ て左(写真 は裏から )

の Dカン には、

フック が3つ繋がる運用 になります。

ポーチ の取り外しは、

着用 状態で、 自分 の右側 のフック を

外して 脱着 するので、

特に着用時

どこに 引っか けようかと少し 迷います。

 

ただ 、慣れ の話なのと、

他の人からの見た目に影響 ないので 、

あまり 大きな 問題 では あり ません 。

単に 、最適解 最適解 が

まだ あったかなぁと考える所です。

 

いろと いろと 書きましたが、

敢えて言うのであればのレベルでしかなく、

毎日 の使用 に全く 問題 はありません 。

 

今回 深さ を出した 出した 事は、

大正解だったと思います 。

前のポーチも大切 な物ですので

引き続き使用 するのですが、

長年 の使用 と

客先 作業 中の扱い が雑に なっていたせいで 、

傷があり 経年 劣化 は否めないの で、

基本的 に客先 で作業 する 場合 は前の物を、

普段 は新しい物を使用 するように

使い分けします

(後、一方 がメンテナスになった 場合 のために)。

 

以上 、少し 使ってみてのレポート でした。

実物 を確認 したいと したいという事 であれば、

機会があれば 伺いますので、仰ってください 。

 

今回も

完成度の高い 物をありがとうございました。

また、 よろしくお願い致します 。

************

 

三代目もどうぞよろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

 

同様のアイテムを見る:

2022.05.11

クライアントの特許を使ったトートバッグ兼リュック 112

 

クライアントがお持ちくださった

トートバッグ兼リュックのアイデアには、

思わず膝を打ったほど

衝撃を受けました。

 

「以前トートバッグを使っている時

これがリュックになればいいのに、

と思うことが多かったので、

そこから考えて、いくつか布で作って、

最終的にこの方式に決めました。

 

このアイデアで特許も取りました。

合皮で、ある程度の数を作って

私の周りの人に譲ってきましたが、

私自身は

そろそろ本革で持ちたくなりました。

日常的に良いものを持ちたいですから。」

 

 

 

 

元の形は

お写真のようなトートバッグで、

 

リュックにしようと思った時、瞬時に

サッと背中に背負えるのが特長です。

 

リュックを背負う時は

多少もたもたするのが当たり前、

と認識しておりましたが、

 

これは「あ、ちょっと重くなったから

リュックにしよう!」

と思い付いたら、

その1~2秒後には造作もなく

背負えていることに、感激しました。

 

 

 

 

上のお写真のように、

後ろ面真ん中に付けた紐が

2本目のリュック紐になります。と

 

ご説明しても、

なかなかパッとご理解いただけないと

思いますが、

 

下の左のお写真が

トートバッグとして持った時、

右がリュックとして背負った時のもの、です。

 

肩にやさしく、

とても楽な持ち心地です。

 

 

 

 

このトートバッグが、

思い立ったら1~2秒でリュックにするできる

お写真を、さらに下でお見せします。

 

何とシンプルな発想でしょうか。

余分な要素を取り去って、

とにかく身体を大切にするための工夫が

感じられます。

 

トートバッグとして持った時の

2本目のリュック紐が気になる、

という方がおいでかもしれません。

 

でも実際に背負ってみると、

これくらいは別に…と感じるくらい。

 

 

 

 

この機動性の高さ、

あっという間にリュックにできる簡単さを

考えましたら、多少のことは

どうでもよくなってしまいます。

 

そして、とにかく

荷物がたくさんでも、楽!

 

こちらのクライアントは

合皮で2種類のサイズを作って

頒布なさいましたが、

ご自分では今回ご注文いただいた

大サイズがとくに良いというご感想です。

 

デザイナーの体格には

少し大きめに感じられたようで、

このタテ長バージョンの小さい方が

しっくりする、と言っておりました。

「でも、こんなに大きいのに、楽!」

 

 

 

 

マチ部分の左右には

ペットボトルの入るポケットがあり、

正面・裏面の小さなファスナーポケットには

定期入れや鍵などが入ります。

 

そういったものを取り出す時、

リュックから

トートバッグにパッと持ち替えることで、

 

まったくストレスなく

瞬時に取り出せるところが、

このリュックバッグの大きな魅力です。

 

 

 

 

今回はクライアントのお持ちくださった

見本バッグに合わせて

デザインをお作りしましたが、

 

大きさも全体のデザインも

持つ人に合わせて変えることができます。

 

クライアントからは、

この特許のある

ショルダー紐とリュック紐の組み合わせを、

必要な方にお作りしても良いという

ご許可をいただきました。

ありがたいことです。

 

1~2秒で背負って

リュックに変身させることのできる

このトートバッグは、

まぎれもなく

「身体を楽にしてくれるバッグ」。

 

すばらしい発想に乾杯🥂です。

ご注文ありがとうございました。

 

このリュックにご興味ある方は、

お問い合わせください。

 

同様のアイテムを見る:

2022.05.9

2冊分の聖書カバー 202

 

続くときは続くもので、

最近ご希望いただいたアイテムに

「聖書カバー」があります。

 

聖書カバーは、

みなさまが想像するより

ずっと製作の難しいアイテムです。

 

まず、例外なく分厚い本だから、

という要素があります。

 

最低でも暑さが5センチほどありますから、

文庫本カバータイプのカバーだと

うまく中身が収まってくれません。

 

ですからご注文いただくのは、

例外なく

ファスナーで3方開け閉めするタイプ。

 

このタイプを

気持の良いサイズでお作りすることは

かなり難しいと、毎回感じます。

 

 

 

 

また、製作には

お手持ちの実物聖書をお借りしないと、

なかなかぴったりサイズで

お作りすることは出来ません。

それは、表紙にも

いくつかのタイプと厚さ、形状があるからです。

 

今回のクライアントの聖書は

2冊分を1冊にまとめたものなので、

厚みは8センチほどありました。

 

そしてこのカバーには

持ち手を付けて欲しい、

というご要望もありました。

 

なるほどこれほどの大きさ、厚みであれば

この持ち手を付けることは

必須と思われます。

そのままで持ち運ぶのは、大変そうです。

 

またこの方からは

カバーの中にペンを入れたい、と

ご要望いただきましたが、

 

同時に本のヘリが傷まないように

との相反するご希望も出たことから、

ご相談のうえ

ペン挿しは外側にお付けすることにしました。

 

 

 

 

今回のペン挿しは

ペン全体を覆うタイプです。

 

 

 

 

3方ファスナーで

本を読むために全開するこのカバーには

大きく分けてふたつの製作方法がありますが、

本の大きさや厚みで

どちらがより向いているかを検討します。

 

 

 

 

文具系で

3方ファスナーのアイテムをお作りする時、

「全開すること」は

かなり多くの人からいただく指定内容です。

 

ストレスなく読む、書く、ことを考えますと

当たり前なご要望ですが、

市販品には

存外にその機能が無いものも少なくありません。

全開させることが難しい場合も多いからです。

 

 

 

 

今回、クライアントのお名前を

革の表面を焦がすタイプで入れるために、

裏表紙側の見返しは

ベージュ色にしました。他は真っ黒です。

 

革の表面を焦がした筆記体は

文字の色が黒く出ますから、

この部分だけ

それが目立つような意匠にしてあります。

ご注文、ありがとうございました。

 

同様のアイテムを見る:

2022.05.7

スタンダードな二つ折り財布 203

 

ノーブルでスタンダードな

二つ折り財布をご紹介します。

四角い小銭入れとセットでお作りしました。

 

きれいな、昔ながらのタイプで、

非の打ち所がない二つ折り財布です。

見た目はシンプルでも、

中にはギミックがあります。

 

 

 

 

8枚のカード+α(カード入れの下のポケット)と

多少のお札を入れて持ち歩く、

キャッシュレス時代にもマッチする仕様です。

 

 

 

 

見本をお持ちになってのご注文でしたが、

現在使っているタイプは

探しても見つからない、ということで

ご注文をくださいました。

 

 

 

 

上のお写真のとおり

カード入れには個々に8枚入りますが、

その他、下のお写真の仕切り面には

左右に1枚ずつカードが埋没して入る

ポケットを、リクエスト頂いています。

 

 

 

 

表からシンプルに見えるお財布でも

中を見るとう~ん、と思うギミックのあるものは

オーダー品には多いかもしれません。

 

うつくしいお品のご注文を

ありがとうございました。

 

同様のアイテムを見る:

2022.05.5

長く使い続けるために…2010年作のメンズビジネスバッグをリュックへ

 

先日ご紹介したクライアントのご要望で、

2010年に製作した、下のお写真の

手持ちタイプのビジネスバッグを、

リュックへと大改造しました。

 

12年経って

重さを感じるようになったけれど、

リュックにしてまた使っていこう、

とお気持ちを新たにしていただき、

ありがとうございました。

 

当店では、お作りした製品に対する

こうしたリニューアルのご要望にも、

出きる限り対応しています。

これが、

長く使っていただくためのサポート。

 

 

 

 

あいにくとカメラの調子が悪かったので、

変身したビジネスバッグを背負っていただいた

お姿がはっきりしないかもしれませんが、

下のお写真の雰囲気です。

 

上質なスーツでお持ちになるには、

特にリュックですと、

革製しか堪えられない感じがします。

 

 

 

 

前から見ますと少し金具が見えますが、

クッションを入れた肩紐も

大げさに見えずに収まっています。

 

 

 

 

一枚目のお写真が元の形ですが、

これをどのようにリュックにしたかが、

今回の興味深いリクエスト内容に通じます。

 

下のお写真をご覧ください。

そして、どこから肩紐が出ているかを

ご確認いただけると、

おもしろいと存じます。

 

 

 

 

鞄の形は

どのように持つか、という要素から、

つまりどのように鞄に重さがかかるか、から

決まることが少なくありません。

 

バッグは、

単なる飾りとしてだけでなく

実用として使うためのものでもありますから、

理にかなった形であることはもちろん、

なるべく壊れないようにすることも

大切です。

 

リュックの場合はそれが顕著で、

それが大きな理由となって

横長のリュックが巷に少ないわけです。

 

 

 

 

このバッグをリュックにするには、

どこにどうやって肩紐を付けるかが

一番の問題です。

 

そんなお話をしましたら、クライアントは

しばらく考えてくださいまして、

「バッグの中から紐を出してもらって、

背負っている時は

ファスナーが開いててもいいよ。」との

お達し。

これはありがたいリクエストです。

 

 

 

 

それで上のお写真のように付けました。

この場所ですと

全体の重さを分散させるにも良いですから

バランスもよさそうです。

 

きちんとしたい時には

今までどおり手持ちにしたい、

ということですから、

肩紐は

バッグの中にしまえるようにしています。

それが下のお写真。

 

 

 

 

12年の年月で、

どれだけ持ち主が変わることか…

 

変わり方が大きい時期でしたら、

大胆な加工が功を奏します。

 

次代の人にお渡しする

という選択もありますが、

お気に入りの持ち物が

ご自分の生活や服装に合うものでしたら、

こうした変身もひとつの選択肢です。

 

このたびは示唆にあふれるご注文を

ありがとうございました。

 

同様のアイテムを見る: