革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

最近の投稿

2021.06.17

父の日のプレゼント ベルトにつけるカード入れ&札入れ 104

お父様の使っていらっしゃる

カード入れ&札入れをお持ちになって、

父の日のプレゼントとして

オーダーくださったクライアント。

 

「とても長く使っていたので、

もうボロボロになってしまいました。

同じようなものを探したのですが、

まったく探せなくて・・・」

 

 

ベルトに通して使うタイプで

カードが片面に別々に3枚入るものでしたが、

もう一方の面にもカードを入れたい

というご希望です。

 

今まで使ったものをリニューアルするのでしたら、

「もっとこうだったらもっと良いのに・・・」

という内容がありのであれば、

何でもご相談ください。

 

 

ベルトに付けた感じは

上のお写真のようになります。

薄っぺらいので、このまま

ズボンのポケットに入れてしまうことも

あると伺いました。

 

プレゼントは「愛」の集結。

こうしてよく観察してらっしゃればこそ、

もらう相手の方が気持ち良いと思う

お品物になります。

このたびは大切なプレゼントに

当店オーダーメイドをお選びくださって、

ありがとうございます。

 

 

毎回申し上げることですが、

ずっと使っている革製品に比べると、

新品の革製品は、大きく感じます。

 

寸法を測ると一緒なのですが、

ピンと張っていますし、

使って、厚みに寸法が持っていかれた

歪んだところもないので、

「ほんとにこれが同じ寸法?」

と感じる方が自然だと思います。

 

 

それほど革という素材は

変幻自在で、

使う人の使い方に沿って

変化してくれる素材です。

 

だから手に馴染み、

身体の一部になってしまいます。

 

そのすばらしい特長は、

小物でも、バッグのような大きなものでも

変わりなく発揮されます。

 

気持ちの良い持ち物は

微笑みを運んでくれます。

 

毎日使うモノをアップデートして、

気持ち良い日々を過ごしませんか?

同様のアイテムを見る:

2021.06.15

小銭入れ付きキーケース 104

最近の傾向では、

家の鍵、車のキーをどう収納するかに

みなさまが苦心している、ということを

前にもお書きしています。

 

本日ご紹介しますのは

同じくキーと小銭をどう扱うか、

という例です。

当店新作定番とは違うアプローチ。

 

 

まずは横からご覧ください。

小銭入れとキーケースを

背中合わせにくっつけたようなこのお品、

嵩が張るはずの作りですが、

当店でお作りすれば

すっきりスマートに出来上がります。

 

 

片面を開けますと

マチの付いた小銭入れが

がばっと開きます。

 

 

適度な深さの小銭入れなので

使い勝手が良いと思います。

 

キーケースの大きさとも適合しているので、

大きさも適当で

手のひらに収まりやすい。

 

本体をくるっとひっくり返しますと、

下のお写真の側には、キーケースが。

 

 

2~3枚のカードを入れることのできる

このキーケースは、

昨今のカードキータイプにも

うまく対応することができますから、

汎用性は高いと思います。

 

 

このようなオーダー例は

きっとみなさまにはお役に立つ、と

ご紹介させていただいております。

 

考え抜いたオーダー品をご注文くださる

クライアントのみなさま、

いろいろな面でご協力いただきまして

感謝申し上げます。

 

この欄をご覧のみなさまには、

うまくお役に立つことを願っています。

同様のアイテムを見る:

2021.06.12

ドラマチックなネーム入れの長財布 104

当店定番長財布をアレンジした

アーティスティックなネーム入りの

長財布をご紹介します。

 

こちらのクライアントは

これから会社を起ち上げる方で、

お気持ちの切り替えをするために

ご自分の欲しい長財布をご注文しに

おいでくださいました。

 

 

店頭でいくつかの定番長財布を

ご覧いただき、まずイメージを確認し、

ベースの形を決めていただきました。

 

最初にお店の扉から

入ってらっしゃるお姿を拝見した時、

あ、素敵なおしゃれで

バリっとした方だな、という印象でした。

 

シンプルでありながら

凝った色合いのスーツ&シャツ、

そしてネクタイとポケットチーフ使いで

颯爽とした装いをしてらっしゃいます。

 

 

「何かご希望はおありですか?

細かい点まで

何でもおっしゃってください。」

デザイナーのこの問いに

「カード入れのカットの仕方を

変えられませんか?」、

そして最後には、ネーム入れを、という

ご希望をいただきました。

 

 

ハイセンスな方なので

通常のネーム入れとは違うものを、

というイメージで、

ミュージアム・ラインのネーム入れを

お見せしました。

 

「これ、カッコいいですね。

この見本文字の感じで、

苗字の部分の下に

全体をまとめるためのきれいなラインを

入れて、描いていただけませんか?」

 

 

出来上がってみますと、

カードの口のラインと

ネームの大きさや色、イメージがぴったり!

ああ、これをお渡しできる、と思いましたら、

とても嬉しくなりました。

 

 

毎回毎回

お作りするオーダー品の完成時には

こういう気持ちを味わうのですが、

バッグや鞄の場合、複雑なものが多く

製作がとにかく大変なため、

つつがなく、無事出来上がったことを

まずありがたく思います。

 

クライアントの新会社はきっと、

すばらしい結果を産むでしょう。

今後のご発展を心よりお祈り申し上げます。

同様のアイテムを見る:

2021.06.10

バッグの内ポケット、外ポケットなどの製作について

当店がフルオーダーメイドを通じて

みなさまにお届けしているものは、

「身体にとって楽であること」

「使っていてストレスを感じないこと」

のふたつです。

 

あ、当店の基本モットーとして、

「ステキに装うこと」

「軽いこと」のふたつは、

当たり前と思っています。

 

ふたつの特別なプレゼントを

みなさまにお贈りするために、

当店のデザイナーは

各オーダー品の外ポケット、内ポケットの

レイアウトや仕様まで

細かく細かく追及します。

 

 

たとえば上の内ポケット。

このボトルホルダーは

使わない時に畳むことができて

他のモノを入れる時

ジャマにならないようにしています。

 

レイアウトも、ご注文者ご本人が

自然な動きで使えるような仕組みです。

 

 

量産品のデザインにおいて

デザイナーがすることは、

ほとんどが外側のデザインだけ。

 

それには

工場の製作手順なども関係していて、

内側のポケットにまでは

細かい融通が利かないから、と伺いました。

 

 

内ポケットでも外ポケットでも、

何を入れるかは、バッグを

お持ちになる人によって違います。

 

当店フルオーダーメイドでは、

コンサルティングによって

ご注文者のパーソナル情報を

お話しいただくことで、

市販品を使っている時感じるストレスを

取り去る努力をします。

 

 

またそのポケット一つひとつの

作り方ですが、

これがみなさまのご想像以上に

作り手には課題の多い製作過程。

 

当初から考え方を変え、途中で

作り直すことも少なくありません。

それだからこそ、ストレスのない

仕上がりになります。

 

その他では、バッグの形状によって

ショルダーで掛けたい時の

長さも変わります。

 

「コートの袖が通る、ぎりぎりの長さで。」

というような微妙なご希望に対しては、

ご注文者の身長や体格までも反映させます。

 

 

最近は「他店でも

お見積もりを聞いているところです。」

というお返事も伺うようになりましたが、

 

ご自分が何をどこまで望んでいるか、

でお選びいただければ

よろしいかと存じます。

 

 

ただただ

どこかのブランドと同じデザインものを

安価で入手したいとお考えでしたら、

当店はそれに向いているとは言えません。

 

また、ざっくりとした製品で良いのなら、

それも違うと思います。

 

品格があり

上等な素材の服に合わせる革製品、

プラス使い心地良く、

手触りも良く、香りも良い革製品を

お持ちになりたい、

と思っていらっしゃるなら、

ぴったりと思います。

 

 

昨日、こんなお電話をいただきました。

「オーダーで革製品を作っていますが、

一人で作っているので、出来上がりまで

現在3か月かかってしまいます。

手伝っていただけませんか?」

 

インスタグラムで製品を拝見しますと、

当店でも作ることは出来ますが、

まったくラインの違う

オーダー品ばかりです。

 

あのイメージのお品で

3か月かかるということは、

どれだけ多作なのかと

うらやましくも思いますが、

 

一方で

最高のものをお望みの方々に

お作りしていますと、

ずっと昔の技術の足りない頃の

品々を作る=後戻りすることは

出来ないと気づきます。

 

技術あるお店は、

その顧客が作ってくださいます。

今日も感謝感謝です。

 

みなさまが当店の現在を

作ってくださいました、

ありがとうございます。

同様のアイテムを見る:

2021.06.8

フルオーダーメイドのプレゼント、台本カバー 011

ご紹介するのは

持ち手と栞の付いた台本カバー。

右利きの俳優さんのための

プレゼント品です。

 

 

裏表紙の方にお名前もお入れして、

完全にある俳優さんのために作られた

フルオーダーメイドのお品です。

 

 

こちらのベルトは

左手のひらを通してホールドするための

ベルトです。

 

左利きの方であれば、

逆方向にお付けしています。

 

 

今回のカバーの変わっているところは、

ペン差し2本が

裏表紙の内側についているところです。

赤と黒のペン、

あるいは蛍光ペンをお入れになるとのこと。

 

人の数だけあるものの収納の仕方。

想像力を働かせることで、

プレゼント品にも磨きがかかります。

プレゼントするって、楽しい!

同様のアイテムを見る:

2021.06.5

バッグや鞄のもっとも単純な使い分けについて

バッグや鞄などの革製品を

扱っておりますと、

日本では、日常的に

鞄を取り換えて持つ人が少ないことに

気づきます。

 

靴を毎日取り替え

熱心に磨く人は少なくないのに、

同様に、バッグや鞄を扱う人の話は

あまりお聞きしません。

 

なぜ鞄を持ち替える人は少ないか?

 

それは

「中身を入れ替えるのが大変だから。」

という理由をよくお聞きします。

 

*ワックスをかけた当店レザー「ルバル」

 

持ち歩く持ち物がこまごまとして

沢山ある、ということと思いますが、

もしお持ちになっているバッグが

革製でしたら、雨の日だけは

別のバッグをお持ちになる習慣を

作ってみませんか?

 

そうすることで

バッグの寿命がぐっと延びるだけでなく、

おもしろいほど革が変わることに

喜びを感じていただくことが出来ます。

 

これが、伝統的な製法の革製品を持つ

深い楽しみ方のひとつです。

 

とにかく雨は、革にとって

百害あって一利なし。

表面をコーティングした革であっても

劣化を早める原因になりますから、

当店のベア・スキン・レザーのような

すっぴんのお肌の革にとっては、

さらに厄介です。

 

鞄を取り替えるのが面倒であれば、

表面をコーティングした革を選ぶか、

ベア・スキン・レザーであれば

全体にワックスをかけるか、にすれば

心配はぐっと減ります

(当店では、ご希望くだされば、

そのようにお受けします)。

 

フルオーダーメイドは高価ですが、

それは、カッコよく見えるだけでなく

便利に使えるように、

持ち主のために

ひとつだけ製作するからであって、

 

高価なものだから長保ちする、

ということではありません。

 

革の鞄は第一に、

デザインや素材によって

きちんとした装いの一部になります。

ですから、お仕事やおしゃれなお出かけで

お使いになる方が多いと思います。

 

格のある革カバンを使うことで、

ご自分の見た目を、

その場にふさわしく

演出することができます。

 

それが相手やその場所に対するマナー、

ご自分の仕事への思いや

場を愉しみたい心情も、表してくれます。

 

最近は仕事であってもどんどん

カジュアルな服装になっていますし、

あまり雰囲気にそぐわない服装の方が

品格あるレストランにいらっしゃることも

少なくありません。

 

革のバッグと靴は、

ハレの気分を演出できる持ち物です。

 

少し気をつけていただくだけで

美しく成長し、

長保ちするように育つだけでなく、

持ち始めの頃よりずっとステキな

見てくれになります。

 

ちょっとダラッとしたい時でも、

良い靴を履き、手入れの行き届いた

革鞄を持つことだけで、

外からはそうとわからないように

見せてくれます。

 

革のバッグや鞄は、

うまく付き合えば効果絶大!

頭の片隅にちょこっとだけ、

こんな使い方のコツを留めてください。

同様のアイテムを見る:

2021.06.3

エレガントなゾウ革の二つ折り財布 012

よくご注文くださる女性クライアントが

「お財布について考えていたら、

今度は小さいものを

使ってみたくなりました。」

とおっしゃりました。

 

 

いままで大きなお財布を

いくつか頼んでくださったのですが、

キャッシュレスに伴い、

お財布を小さくしようとお考えです。

 

「そんなことを考えていましたら、

ゾウの革が気になって…」

とのこと。

 

 

ゾウの革といえばワイルドなタッチで、

このエレガントなクライアントとは

ミスマッチなイメージがあります。

 

ゾウ革はとても黒くて、

使っていくと真っ黒でツヤツヤになります。

そうなったら 驚くことに、

エレガントなイメージに

変わっていきます。

 

 

ところが

ゾウがワシントン条約で禁猟になってから、

きれいな革は

なかなか出回らなくなりました。

 

深い模様のあるものは見つかりにくく、

最近では

この大きさのサイズでも、

サイズに合う

均等できれいな柄はほとんど

見つけられなくなりました。

 

 

そこで今回は、溝の無いタイプで、

きめ細かな柄の部分で

きれいなものをお探ししてお作りしました。

 

結果、肌はワイルドですが、

最初からエレガントな雰囲気です。

 

 

このお財布の変わったところは、

「ジーヴズ」を

小銭入れに採用したこと。

 

ストイックな色をご指定いただき、

パープル系を少し使っています。

このパープル系は

エルメスなどで使われている

色の褪せない、きれいな色の革です。

 

 

革製品に使われる革は、

食料にされる動物や

環境を守るために一定数狩猟される動物から

作られるものですが、

 

動物を取り巻く環境が変わることで、

元になる原皮の性質も変化しています。

 

同じように見えても

毎回毎回、「その革」は一期一会。

 

その貴重な革を使って

一点一点お作りするクライアントには、

ご満足いただける革製品を作るべく

最大の努力をいたします。

 

このたびのご注文も

ありがとうございました。

同様のアイテムを見る:

2021.06.1

易占いのためのシステム手帳 104

中国の占い「易」をご存知でしょうか?

今までに何人かからオーダーをいただいて

システム手帳をお作りしたことがありますが、

本日ご紹介する手帳カバ-も、

その「易」のためのシステム手帳です。

 

「易」は

一般的に想像する「占い」というより、

もっと信ぴょう性のある、

より良い人生を歩むための指針を

求める方法、という

イメージをお受けしました。

 

 

 

その中には、今現在の人生の中で、

自分の運気を高めるために

力を借りられる風水もあるそうです。

ですから、運気は良くなる一方…

 

本日のクライアントは

これからデビューする方です。

 

 

 

ミュージアム・ライン オーダー版での

デビューを飾飾ってくださる

このクライアントには、

その門出にふさわしい

ももの花とトラの絵柄を描き入れました。

 

最初に「トラの模様を型押しで…」という

ご希望をいただいたのですが、

デコデコの表面を持つシャークの革に

型押しをしても、

おそらくほとんどわかりません。

 

そこで、これから新しく始める

絵入れをご紹介することにしました。

 

 

 

シャークの革に絵柄を入れられるかどうか、

画家には試しに描いていただき、

デザインの試し描きも

いく通りかしてもらっています。

 

その中で良いもの、

勢いのありそうなデザインを選んで

実際の絵付けをしましたから、

まさに「その人だけの」システム手帳。

 

 

 

シャークの黒はとても丈夫で、

長くお使いいただくことが出来ます。

今はマットな表面ですが、

使って撫でていただくことで

どんどんツヤが増して、

貫禄が出てきます。

 

きっとそんな頃には

たくさんの顧客のお役に立って、

手帳カバー以上に貫禄のある

クライアントになっていることと存じます。

 

このたびのデビューに

心からの「おめでとうございます」を

申し上げます。

ますますの

ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

 

*この風水師の方のブログで

手帳が紹介されました。どうぞご覧ください。

https://note.com/yumiveronicagoto/n/n54f79fa0a780

同様のアイテムを見る:

2021.05.31

制作教室 生徒作品 3Wayのコサージュバッグ

この欄でご紹介するのは久しぶりの

「革の製作教室」生徒作品です。

 

少し前の生徒さんですが、

3年ほど通った頃

こんな作品を製作しました。

 

 

お花が大好きで

「家で革を触っていたら

こんなものができ上りました!」

ということで、革のコサージュを

バッグのデザインに取り入れています。

 

その人ひとりひとりの個性によって

作りたいものが違いますので、

当スクールでは、

「作りたいもの」を個別指導しています。

 

 

でも初心者のみなさんには、まず最初に

革包丁に慣れていただくこと、

また、どういう順番で作ったらよいかを、

学んでいただきます。

 

みなさんが思っているより、

革製品の製作はずっと大変!

 

それが2年経って基礎が終われば、

こんな素敵な作品を作ることが

出来るようになります。

 

同様のアイテムを見る:

2021.05.28

かっちりとして、たくさん入るマチあり名刺入れ 011

 

美しい名刺入れをご紹介します。

当店の定番名刺入れ

小さく見えてひと箱分くらい入りますが、

 

今回お作りしたのは

同じくらい入っても、

まったく外観が違うタイプです。

 

 

 

かっちりと四角くて

3方にマチが入っていますから、

箱のようにきっちり見える形です。

 

同じくらい中身が入るとしても

こちらは角ばっていてきちんとした印象、

先に紹介した当店定番は

丸みを帯びて柔らかい印象、です。

 

どんな方がお持ちになるか、

想像してみてください。

 

 

 

その印象は真横から見たときも同じで、

これが同じ量の入る名刺入れか?

と思うほど、容量すら違って見えます。

 

これが、「クライアントのご希望に沿った

イメージによって出てきた形」です。

 

 

 

どんなモノにもイメージがあり、

それがどんな形容詞で表されるかで

ご自分の探しているモノに合っているかどうか

がはっきりします。

 

買おうかどうか迷った時には、

ぜひこの方法を試してください。

 

 

 

気に入ったトップスがあるとしましょう。

それがいつもの

自分の洋服と違う感じのものであれば、

それを表す形容詞や色目が合っていれば

今までの手持ちのパンツやスカートで

イメージを変えて着こなせますが、

 

世界観の一致するところがないと、

タンスに寝かせることに

なってしまうことがあります。

 

当店では、タンスに寝かせることがないよう

みなさまから詳細に聞き取りを行います。

 

スッキリとして気持ち良い名刺入れの

ご注文を、ありがとうございました。

 

同様のアイテムを見る: