革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

最近の投稿

2022.08.14

バッグを作る革は、どれくらいの量が必要?

 

小さなバッグから大きなバッグまで、

当店でお受けするバッグの大きさは

さまざまです。

 

当店でお作りするバッグは

素材も色も一点一点違いますから、

毎回ひとつのバッグに対して

その材料がどれくらい必要かを考え、

それに合わせて革を購入します。

 

 

*栃木レザーのヌメ革製作最中

 

みなさまは

オーダーバッグをひとつ作るのに、

実際に使用する面積(正味面積)の

何倍の革が必要だと思いますか?

 

革という素材は、

一枚の全体を使うことができない、

という事実が重要です。

 

答えは、当店特製牛革のスムースですと

正味面積の3倍以上を必要とします。

15年ほど前までは2倍強でしたが、

最近の革の状態ですと、

ついに3倍以上になってしまいました。

 

 

*バッグの型紙を載せて
どこでパーツを取るか、試しているところ。
手前側はほどんど製品にできない部分。

 

当店の特製牛革はすっぴんのお肌のため、

表面のキズが目立つところだけでなく、

皮膚の下のキメの整っていない

伸びの大き過ぎる部分についても、

決して使わないからです。

また、ここ5年ほどで、

避けられないキズもかなり増えてきました。

 

すっぴんの革は、歩留まりの悪い素材です。

量産品の材料として選ばれないのは、

この点も大きなネックとなっています。

 

でも、この革の品質の良い部分は

経年変化がうつくしく、良い手触りで、

使う人に合わせてうまく伸びて

馴染んでくれますし、香りもよいです。

 

同じすっぴんの革でも

型押しとなると少し話が変わり、

スムースの革に高熱と高圧をかけて

ぎっちりと型を押しますから、

革の密度が高くなって

繊維がしっかりしてくれるため、

歩留まりも良くなり、ロスも少し減ります。

それでも具体的には2.5倍くらいでしょうか。

表面に型が押されることで

傷がかなり目立たなくなることも、

ロスが減る大きな要因です。

 

 

*ハイブランドの革は型押しの範囲も狭い。
向こう側は型押しされてない部分。

 

 

さてそれでは、ここ数年お薦めしている

ハイブランドの革はどうでしょう?

これは想像しない結果だったので

今回の話題にしようと思いました。

 

こちらの原皮はカーフで

元の繊維はかなりしっかりしています。

クロム鞣しx化粧した革x型押し、のため

表面のキズはほどんど目立ちませんし、

さらに密度の高い革になっていますから、

私どもは最初、もしかすると

2倍くらいではないかと想像していました。

 

ところが…

けっきょく当店のスムースと同じくらいで

正味の3倍ほどの革が必要だと、

何年か使って結論が出ました。

 

まずとても興味深い点ですが、

海外の革の型押しは

全面に施されているわけではありません

(日本製の革では考えられません)。

そういう部分は製品に使えないこと、

それから

元々の革一枚が小さいこともあって

効率よくパーツが取れないこと、

などがあります。

 

このような条件を考え併せますと、

ファッションアイテムの中でも

バッグがなぜ高額なのか、よくわかります。

 

 

*本製品として使えない革の部分は
ダミーの製作に当てています。

 

 

材料だけでなく、

新作にはそもそも元型がありませんから

試作をするのに時間がかかりますし、

試作を試用し使い勝手を確かめ、

本製品にするまでの検討もあります。

 

また、最終的に本製品を決定するにあたっても

もう一度同じプロセスをたどることになります。

 

当店のオーダーバッグは、

そのすべての工程を経た一点一点を

みなさまにお渡ししています。

 

製作にあたっては

流れ作業で作るわけではありませんから

バッグ一点を作るだけでも、

すべての製作過程を作れる技術を持った

ひとりの熟練した技術者が必要です。

 

こうしたオーダー品一点をひとりで

きれいに作り上げることのできる

技術を習得するのにも、長い年月がかります。

 

仮にひとりの技術者しかいなくても、

アトリエには90×180センチのテーブルがひとつ、

ミシンが1台、漉き器が1台、

革の置き場ももちろんないといけませんし、

緻密な製品であるなら

出来ればこの2倍の什器が欲しいところもあり、

ある程度大きな製作場所がないと

作ること自体ができなくなってしまいます。

 

身に付ける製品の中で

バッグがもっとも高価になるのには、

こういった理由があります。

 

当店フルオーダーメイドのバッグを

お持ちになっているクライアントのみなさまは、

こうした細心のプロセス、紆余曲折の

すべてを手に入れていらっしゃるのです。

こんな事情もお楽しみいただけると

嬉しく存じます。

 

同様のアイテムを見る:

2022.08.12

お気に入りの長財布をお気に入りの革で 20707

 

あと少しで

お仕事をリタイアするというクライアントから、

「もうお財布使わなくなるかもしれませんが

やっぱり気に入った長財布が欲しいから。」

とご相談をいただきました。

 

 

 

 

お店のあるビルの外看板を見て

入ってきてくださった方で、

普段ネットや電話からのご予約の方しか

おいでにならないので、

店の者がみんなで驚いた来客です。

ありがたいことです。

 

 

 

 

いまお使いの長財布が

気に入っているのですが

そろそろ新しくしたい、というお気持ちです。

 

革のご希望をお尋ねする時、最近では

・エイジングを愉しむ革にしたいか

・ずっと変わらない革にしたいか

をお尋ねするようになりました。

 

 

 

 

今回は悩んだ末に

「やっぱりエイジングを愉しみたいですね!」

と結論をお出しになりました。

 

この長財布には、カードがたくさん入ります。

外側に@6枚x2、札入れ内部にも6枚入りますから、

合計枚数は18枚!

それでも小さく収められるようにしています。

 

 

 

 

出来上がった時

おおおお~と喜んでくださり、嬉しかったです。

 

リタイアしてもずっとお使いください。

楽しいご相談をありがとうございました。

このたびは「ベントナイト」についての

興味深い活用の仕方を伺いました。

 

同様のアイテムを見る:

2022.08.11

夏休みのお知らせ 8日(月)~15日(月)までお盆休みを頂きます。

暑い日が続いておりますが、

みなさまお元気でいらっしゃいますか?

休みの間ご連絡がストップしておりますが、ご了承ください。

みなさまがご健康で

この暑さを乗り切ることを心より願っています。

同様のアイテムを見る:

2022.08.11

ショップメンテナンスの予定が変わりました。

まだしばらく現在のショップをご覧いただけます。

使いやすいショップに変わるまで、もうしばらくお待ちください。

同様のアイテムを見る:

2022.08.10

フランスカーフのiPadmini6ケース 206N

 

こちらは

メールとZOOMでご相談をいただいた

ご注文品です。

 

都内にお住いの方ですが

かなりお忙しいご様子で、

ついにご来店いただくことは出来ませんでしたので、

ZOOMのご相談の後は

メールでスケッチ画のやり取りをして

最終形をお決めいただきました。

 

机に置いてiPadを立て、

そのまま画面を見られる仕様をご希望です。

 

 

 

 

表に使った革は

ハイブランドが使っているフランスカーフ。

マットな黒の型押しで、

特にお手入れの必要がありませんから

使い勝手も楽です。

 

今回は、専用ペンを本体に張り付けて

収納するため、本体ヨコに

そのスペースを余分に取っています。

 

お調べしたところ

ペンの種類もたくさんありましたから、

種類を特定してご教示いただきました。

 

 

 

 

このようにペンがくっついていますと、

落とさないで済むように

留めのマグネットには、長いものをお選びします。

 

出来上がりのお写真をご覧いただくと

他の製品に付けているものと

同じように見えるマグネットにも、

長さや強度が幾種類もあります。

毎回、ご注文者の使い方に合わせて

お選びしています。

 

 

 

 

興味深かったのは、

これまでのご注文では

iPadの隣にノートやメモパッドも置くことが

多かったのですが、

 

今回は、iPadに直接書き入れるための

ケースでした。

紙を使う方もだんだんと

減りつつあるのかもしれません。

お若いクライアントですと、

そういった傾向が強く出る感じがします。

 

 

 

 

おそらく、上のお写真のようにして

プレゼンテーションなどをするのだと

想像しています。

 

余談ですが、素材に使ったフランスカーフは

とても硬い革。

ダミーを当店特製牛革で作ったのですが、

それとは全く違う硬さがあったものですから、

結局作り方を変えざるを得ませんでした。

 

同じ革のタイプであっても一枚一枚少しずつ違う

革という素材の特性は、

製作に対してもっとも悩ましい要素です。

 

 

 

 

そういう悩ましいこの製作物の端処理ですが、

今回はヘリ返しという

磨き仕上げではない方法を選びました。

 

本のように

真ん中の厚み部分が折れ曲がる回数が

極端に多いことを想像しますと、

この革専用の磨き仕上げだと

劣化が早そうだったから、です。

 

お選びいただく革によって

端処理の仕方を変え、なるべく長く

最初の状態で使っていただけることを

毎回考えています。

 

機種が変わっても

大きさが同じであれば、

本体を取り付けるシェルを取り換えて

またお使いいただくことができます。

末永くよろしくお願いいたします。

 

ご注文する行為も「楽しい」と

とても喜んでくださり、嬉しかったです。

ありがとうございました。

 

同様のアイテムを見る:

2022.08.8

上品で仕事でも持つことができるトートバッグ 20605

 

フランスカーフでお作りした

格の高いトートバッグをご紹介します。

 

クライアントは現在使っている

ナイロン地のトートバッグをお持ちになり、

「これがとても都合良い大きさで

使い勝手も良いのですが、

このナイロン地では外出に持ってけないので、

革製にしたいと思いました。」

 

 

 

 

このオリジナルバッグの使い勝手に対しては

まったく文句がないということなので、

自分仕様のバッグにうまく巡り合うことができた

ラッキーな方です。

 

店頭におりますと、

ご自分の使い勝手に合うバッグに

なかなか巡り合えない人も

たくさんいらっしゃることに、気づきます。

 

 

 

 

このブログに何度もお書きしていますが、

素材が変わると、

仕様が同じバッグを作ろうとしても

出来上がりはまったく違うものになります。

 

↑これは、

プロの製作者の視点から見て、という意味ですから

ご注文者には

見た目からは気づかれない内容かもしれません。

 

今回は、外ポケットのファスナーのラインが

ナイロンと革とでまったく違って出ることが、

問題となりました。

 

そこで

ダミーバッグのお写真を添付して

「このように変化させてよろしいですか?」

とお尋ねしました。

 

元のバッグには

もっと長いファスナーが付いていましたが、

同じ長さでお作りすると

出来上がりのラインがくずれてしまうために

短くする必要が出ました。

ですから、そのポケットに入れる中身の

大きさもお尋ねしています。

 

 

 

 

新しいオーダー品の製作では、毎回

思わぬアクシデントがたくさん出ます。

ストレートにスムーズに運ぶ製作は

まずありません。

 

それが、素材の違いや

量産品との製作方法の違いから来ることや、

新しく追加されたクライアントのご希望内容から

来ることがほとんどです。

 

 

 

 

フランスカーフでお作りすると

出来上がった時に、きちんとした

ビジネス的な格の高さを感じます。

市販品のような雰囲気はありますが、

それとは似て非なるもの、という感じになります。

 

いっぽう当店の特製牛革は

温かみと高級感があり、独特の存在感を備えています。

使っていった後の貫禄は

他に例えるものもありません。

 

いずれにせよ、どちらでお作りしても

非凡なバッグになることは間違いありません。

 

 

 

 

今回のバッグの裏地は

ナイロン地でブラック。

裏地が革になるかナイロン地になるかは、

製作品の出来上がりの形によって

変わります。

 

このバッグのような「内縫い」には

ナイロン地を使います。

内縫いは、裏面を表にして縫ってから

ひっくり返して表面を出す縫い方。

 

内縫いの表の革には

柔らかいタイプが向いています。

革が堅いと、

ひっくり返す時にシワが出たりするからです。

 

 

 

 

フランスカーフには2通りの硬さがありますが

どちらも当店の革に比べると硬いので、

仕上げでひっくり返すのは、なかなか大変です。

 

「うわあ、

これならスーツで持っても大丈夫ですね。」

出来上がりを見るなり、

クライアントは喜んでくださいました。

ありがとうございます。

末永くお使いいただけることを願っております。

 

同様のアイテムを見る:

2022.08.6

イタリア製最新革での二つ折り財布 20614

 

先日ご紹介したブログ

「出来上がり品のご相談と

別革での二つ折り財布」のお財布が

出来上がりました。

 

イタリアンレザー、一期一会の革で

ご注文いただいた逸品です。

 

 

 

 

「プライベートで持つお財布が欲しくて

オーダー例を見ていたら、

このお財布が目に入って

こういう柄も良いなあ、と思いました。」

素直にステキだと言っていただけることは

ほんとに嬉しいことです。

ありがとうございます。

 

 

 

 

前回お仕事で使うお財布の小銭入れは

下のお写真のようにお作りしましたから、

使い勝手はもうわかっていらっしゃいます。

 

表のイタリアンレザーは濃紺ですから、

内側は当店の特製牛革になさいました。

コントラストが良い感じです。

 

 

 

 

メッシュのように見えるイタリアンレザーは、

じつは深い型押し模様。

かなり深い型のため

革を薄く漉くことはできませんから、

外側はしっかり目にお作りします。

 

 

 

 

日本には見本が1枚入ったきりの革なので

まず外で被ることがありませんし、

これほど複雑な型押しは

じっと見ているだけで愉しめます。

 

 

 

 

清潔感のあるきりっとした方なので、

この深い型押しの外連味のあるお財布は

少し意外性があってなかなかお似合いです。

この型押しは

思いっきりおしゃれにも振れられますし、

今回のように、きっちりしていながら

そこはかとなくおしゃれな雰囲気を

出すこともできます。

 

きっと、プライベートのお時間を

気分を変えてお楽しみいただけることと思います。

このたびもありがとうございました。

 

同様のアイテムを見る:

2022.08.4

2代目のA5ノーカバー 20614

 

本日ご紹介するのは

以前ご注文いただいたカバーの

2代目です。

 

残念なことにお使いのカバーを

失くしてしまったのだそうですが、

 

同じものが欲しい

と思っていただける製品であったこと、

また当店が、その製品を再度

きちんとお作りすることができるお店で

良かったと思います。

 

 

 

 

もう一度使いたい、と

思ってくださったのですから

前回と同じ仕様でお作りしています。

 

こちらは2004年前後に

「超整理手帳」カバーの一種としてお出しした

限定版でしたが、人気があって

その後A5サイズカバーとして定番にしたため

この方には

2009年にご注文いただいておりました。

 

 

 

 

A5ノートを挟み、

ちょっとしたカードや

覚書などを挟むことができる

コンパクトなホルダーです。

 

当店特製牛革は

軽量ですが、芯がしっかりしていて

使うほどしっくりと馴染んで行きます。

それなのに型が崩れない、という

極上の使い心地を持っています。

 

 

 

 

このカバーのデザインの最大の特長は、

バッグに入れる時

ベルトが引っ掛からないこと、です。

 

バッグに手帳をしまう時など、

案外ベルトが引っ掛かって

ストレスを感じることはありませんか?

 

このカバーは、

外側にぐるりと回したベルト留めを付けることで

そのストレスを無くしています。

 

 

 

 

この目的を達するために

何種類かのデザイン的な方法がありますが、

この時はこのまとめ方にしました。

 

ブログによく書いているように、

当店は「デザインのためのデザイン」は

しません。

 

必要だから行う手当に対して

見てくれをどうするか?と考えることが

デザインの本質です。

*ご依頼がある時にはもちろんお応えします。

 

 

 

 

ペンやノートがきっちり収まって

手触りが良くなった時、

クライアントにまた、覚えのある感覚が

懐かしくて安心な気持ちを

呼び覚ましてくれることでしょう。

 

末永くお使いいただけることを

心から願っております。

この度はありがとうございました。

 

同様のアイテムを見る:

2022.08.2

軽くてしっかりしたA5システム手帳 20611

 

パートナーとともに

当店製品をご愛用くださっている

クライアント。

 

「今回はA5のシステム手帳を

欲しいと思っています。

ある程度たくさんの量が書けるサイズを、

と思ったらA5が良いと思いました。」

 

 

 

 

当店製品をもう何点も

お使いくださっていらっしゃいますので、

革の経年変化や

気持ち良くできるサイズのことは

よくご存じです。

 

また、システム手帳に対して

多くの方からご希望をいただく

180度ぺったりと開くことは、

当店にしてみれば当たり前の出来上がりです。

一番下のお写真をご覧ください。

 

 

 

 

ペン挿しは

お使いのペンの太さが変わっても使えるよう、

定番では

ペンフックを差し込むタイプのループを

採用しています。

そのフックも

かなり太いものまで入りますし、

ペンもしっかり収まって

ぴったりと収まります。

 

 

 

 

今回ご希望いただいたのは

ドイツ・クラウゼ社のA5金具で、

リング径は、スマートな15ミリです。

 

20ミリとどちらにしようか迷われたのですが、

15ミリで全部入りそうな感じでしたので

細い方になさいました。

 

よく「余裕を持って大きくしたい」という方も

いらっしゃいますが、

私どもでは、増える要素がないのであれば

たくさん入るようにすることは

あまりお薦めしていません。

それは、人は若返ることはないからです。

年齢が増すに従って

持ち物を軽くしていく方たちと、

店頭でたくさんお会いしているからです。

 

 

 

 

今回の金具の色はゴールド。

華やかな金具なので

ワインカラーに美しく映えます。

 

今頃はお役に立っていることと存じます。

いつもお引き立ていただきありがとうございます。

こちらも末永くよろしくお願いいたします。

 

同様のアイテムを見る:

2022.07.31

自分にとって気持ち良いサイズの小銭入れ 20303

 

同じお色の二つ折り財布と

お揃いでご注文いただいた小銭入れを

ご紹介します。

 

ぎりぎり手のひらに入るくらいの大きさで、

男性の手指には使いやすいサイズです。

 

 

 

 

同じような小銭入れをお持ちだったのですが、

「もう少し大きくしたい。」

ということで、サイズアップしました。

 

ほんの少しのサイズの違いが

使いやすさを左右することがよくわかる

ご注文品です。

 

 

 

 

特に何かが入るサイズ、ということでは

ありませんでした。

使い勝手がよく、

ストレスなく使える、ということは

そういうことなのだと

あらためて感じさせてくれるご注文でした。

 

 

 

 

出来上がり品に間違いのないご注文にするには、

何度もお書きしていますが、

新しいものをゼロから考えるより

ご自分が使ってきた履歴のお品から

考えていただくことをお勧めします。

 

使ったことのない新しい形であれば、

その使い勝手が

ご注文者に合うかどうかが

わからないからです。

 

 

 

 

このオーダー例をご覧くださっている方々は

デザイナーからのメッセージを

たくさんお受け取りくだっていますので、

すばらしいご注文の仕方を見せてくださいます。

 

しばしばそういった内容をお聞きして、

「誰が読んでくださっているか

まったくわからないと思っていたけれど、

参考にしてくださる方が増えて嬉しいです。」と

デザイナーは申しております。

 

当店フルオーダーは、

ご相談前から出来上がりを待っている間までも

ずっとずっと楽しめるお買い物。

一度挑戦なさってみませんか?

 

同様のアイテムを見る: