2016.08.12

同型の2代目ビジネスバッグ

「これいいんだけど

そろそろ重く感じるようになったので、

少し軽く作ってくれないかしら?」

というご依頼をいただきました。

 

以前お作りしたものには

素材にタシを使って、

中にたくさんポケットをお付けしています。

 

正面

 

その時も

たくさんの装備にしては軽かったのですが

ほぼ毎日6年ほどお使いいただきますと、

少し重く感じるようです。

 

ただし、この形で作るとすると

あまり軽くしてしまうと、

ハードユーザーのクライアントに対しては

ヤワになりすぎてしまいます。

どこか削るところはないでしょうか?

 

斜め

 

いろいろ聞き取りをしますと

細かいポケットは、

今ではほとんど使ってないご様子。

生活のリズムも変わり、

使わなくなったポケットもあるようです。

 

前ポケット

 

そこで、一番よく使う

外側のお部屋のポケットのみを残して、

他は割愛することに。

 

そして今回は素材にルバルを使い

裏地を革にして、軽量化を図りました。

結果としては、200gの軽量化に。

 

中身1

 

裏地を革にすることで、

かえって軽くすることができ

丈夫さもなかなか悪くありません。

 

同じように見えるバッグに対しても、

クライアントのご希望によって

ひとつひとつ製作方法を変えるのが

当店のオートクチュール。

 

中身2

 

さらにハードユーザーのこの方には、

ワックスをおかけして、

雨から革を護れるようにしました。

 

パーフォレーション

 

このワックスは、

お使いいただくことで

必要量が革の中に入っていき、

不必要な分は、自然となくなっていく

プロ用のタイプ。

 

パーフォレーション2

 

そして、クライアントの

お仕事のご様子も変わったと伺いましたので

今回はパーフォレーションの飾りを

お付けしてみました。

 

パーフォレーション3

 

シックで楽しいパーフォレーションは、

ワックスが取れた時ご覧いただいたら

気分がうきうきします。

 

ビジネスで大切なお客様と会う機会の多い

クライアントですが、

そこはかとなくカジュアルな雰囲気も

お出しになりたい感じをお受けしました。

 

いつも当店のバッグをお使いいただきまして

まことにありがとうございます。

おしゃれに持ちこなしてくださるので

とても嬉しいです。