革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2003.10.5

ブリーフケース

この2点は、だいたい同時期、8年ぐらい前にお作りしたものですが、

上はクリームを全くぬっていないもの、下は1ヶ月に1回ぬっているものです。

 

当店の革は生きているので、「クリーム」という「ごはん」を食べさせてあげてくださいね。

美しさもさることながら、長持ちの度合いも、このように違ってきます。

関連記事

  • 扇子ケース

  • 「トラペゾイド」(フォーマルなハンドバッグ)

  • 実印、社判、通帳、年金手帳、銀行カード、領収書等の入るマルチバッグ 91

同様のアイテムを見る: