革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2018.12.5

持ち手の付いた文庫本カバー

プレゼント品としてご注文いただいた

文庫本カバーをご紹介します。

 

「とても長く使っていて、

ほんとに気に入っているようです。

だから、同じものを

プレゼントしてあげたい、と。」

 

 

ティーカップのような

持ち手の付いた文庫カバーは

初めて拝見しました。

 

簡単そうに見えて、製作は

なかなかの難物です。

 

 

今回は一枚革の

裏なしでお作りしました。

こうしたギミックのあるお品は

無理やり裏地を付けるより、

きれいに出来上がると思います。

 

 

「適材適所」

よくこの場で書きますが、

アイテムや作りに合わせて

素直に作ることが、

もっとも美しく、使いやすくできる

秘訣だと思います。

関連記事

  • 100万円入る長財布=「バーティ」改訂版

  • 25年前の定番クラッチバッグ 83

  • ビジネスバッグ

同様のアイテムを見る: