革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.09.18

鞄の口がファスナーで閉まるトートバッグ「ブリックス」 101

トートバッグの形のバリエーションには

大きく分けると

2の自乗分、数があります。

 

それはまず、

・鞄の口が閉じているか、

・開けったぱなしになっているか、

です。

 

そして次が持ち手の長さで、

・手持ち用の短い長さか

・肩から下げる長さか、です。

 

 

ご自分がどんなトートバッグが欲しいか、

わからなくなってしまったら、

今まで使った履歴から見直してください。

必ず「これ」といった決まりが出てくるでしょう。

 

ただし、それが未来永劫 有効とは限りません。

・仕事の場所が変わった、

・仕事の質が変わった、

・加齢することで、使い方が変わった、

というようなことがいくらでもありますから、

そんな時 違和感を感じたら見直してください。

 

 

当店のクライアントのみなさまは

そういった「自分の内的な声」に耳を傾け、

うまく当店を使ってくださいます。

 

本日ご紹介する定番「ブリックス」

ご注文くださったクライアントは、

まさにそれを感じて

このご注文をくださいました。

 

 

「コロナになってから

仕事の仕方や、場所までも変わったので、

前回作っていただいた鞄の出番が

少なくなりました。

 

それで、現在の仕事内容に合う鞄がほしいと思って

御社のウェブショップを探していたら、

これがいろいろな意味で良さそう…と感じました。」

ありがとうございます。

 

当店ウェブショップにお出ししているバッグは

中に入る荷物量でご提案していますから、

まことに正しい

製品チェックの仕方をしてくださいました。

 

 

このバッグは近距離を

A4書類と細々としたものを持ち運ぶための

鞄として、ご提案しています

(荷物量さえあっていれば、

もちろん遠距離でも大丈夫です)。

 

そして、バッグの中身が見える、見えない、

を気にする場面でも活躍できるよう、

ファスナーで鞄の口を閉じています。

 

おまけに

このファスナーの付け方ですと、

バッグの口を開いたままでも歩けるように

しています。

 

 

そういった内容すべてをご理解くださり、

注目してくださったことで

ご注文くださいました。嬉しいことです。

 

 

以前お書きしましたが、

当店定番は常にブラッシュアップしています。

 

今回では、内側の

サクッとポケットにマチを付け、

ファスナーポケットに深さを足しています。

 

時代によって変わる持ち物などに合わせ

もっとも使いやすい形でご提案する定番は、

フルオーダーメイドするほどではない時に

間違いのない、使いやすい形です。

 

今回のこのお品を、新ウェブページにも

アップで使わせていただきました。

現品をしばらくお貸し出しくださった

クライアントのご協力に

感謝申し上げます。

関連記事

  • 30年ほど前のリュック、裏地取り換え

  • 8年間の集大成、紳士用ショルダーバッグです。

  • 3本入りペンケース

同様のアイテムを見る: