革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.06.27

7年間毎日使ってくださったメンズビジネスバッグ

今日ご紹介するのは、

7年間毎日使っていただいたメンズバッグ。

 

着替えのYシャツが入るため、

荷物の多い普段だけでなく、

2泊3日までの出張にも

鞄を変えることなく

お持ちくださったとお聞きしています。

 

汎用性のあるメンズビジネスバッグとして、

とても良いレイアウトとデザインの鞄です。

以前のご紹介記事をご覧ください。

 

 

この鞄は

こんなに毎日お使いいただき、

この軽さで

いったいどれくらい保つのかと

観察していたようなところもあるくらい

軽さを追求してお作りしておりましたから、

 

ここまで修理なしにお使いいただけたことは

すばらしいことと存じます。

 

 

2枚目のお写真は、出来上がり時のもの。

さすがに7年間毎日お使いいただくと、

最初に比べて貫禄が出ます。

 

「とにかく軽量に」とのお達しから

ルバルの革を使い、

「毎日持つから」ということで

雨を気にせず持てるよう

ワックスをおかけしています。

 

 

「お手入れは何もしなかったけれどね、

大丈夫みたいですよ。

雨の日も持っていたし。」と。

 

今回お持ちくださった理由は、

「ファスナーが

うまく閉まらなくなってしまって…」

ということでした。

 

ファスナー金具は、

使う人や使い方によっても違いますが、

だいたい7~9年ほどで

まずスライダーがすり減って、

取り換えの必要が出ます。

 

今回は、布の方も切れていたので、

ファスナー全体を取り換えました。

 

 

同じ角度からのお写真がないので

ちょっとわかりにくいですが、

出来上がったばかりの時は、

ファスナー部分もピンとしています。

 

革は、使う人なりに、

また、入れるものなりに

変化してくれることが、

使う上でストレスがたまらない素材です。

 

かっちりと動かない素材であれば、

入れる際の自由が利かず

入れにくいことになってしまいます。

 

 

使っていただいた「7年後」の姿は

奇数枚のお写真です。

 

上のお写真は使用後ですから、

ファスナーマチ部分がゆるりとして馴染み、

おそらく容量以上に

お入れになっていたのではないかと想像しますが、

かなり使いやすくなったことと思います。

 

 

ここまでお使いいただきまして、

誠にありがとうございます。

 

あとどれくらいお持ちいただくか

わかりませんが、

 

使っていって

身体の一部になるくらいの鞄を

ご注文いただけて、嬉しいです。

ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

関連記事

  • 「トップバーブリーフケース」

  • 背面定期券入れ

    レディスのボディバッグ 一点物からの改定版

  • トートバッグ「ディクスン」のダークブラウンです。

同様のアイテムを見る: